短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残暑 (Staying summer)

20070921072849.jpg



晴れの国 残暑は続く 彼岸まで

三十四度の 気に炙(あぶ)られて


The radiant country.
The summer is staying to the equinoctial week.
We are parched by the air of 34℃.

  ↓(修正)(Revision)

Our radiant country.
Swelter abide through the equnotial week,
being parched by 34℃ air.






スポンサーサイト

Comment

post
2007-09-25 19:00 
ヒョンちゃん、ありがとう^^
今、PC壊れてて、辞書が使えないの~~~
後から、英訳しますね。
rosemary No.1610
2007-09-25 11:28 
晴れの国 残暑は続く 彼岸まで

三十四度の 気に炙(あぶ)られて
rad

The radiant country.
The summer is staying to the equinoctial week.
We are parched by the air of 34℃.

お久し振りです。お困りのようで、済みませんでした。少しずつ取り組めば良かったと悔やんでいます。お世話になりながら失礼致しました。

まず、やはり、「The」の連発は好ましくありません。少しは気を利かせましょう。今回は、「Our」としてみました。

Our radiant country.

残暑が訳せてないので、「swelter」を使いました。「彼岸まで」の「まで」の使い方が気になったので調べましたら、「through」が出てきました。

最後の「炙られて」の所ですが、これは、本文に対する付加と理解出来ますので、後に、現在進行形という形の受身形を持ってきました。これで原文の雰囲気が伝わると思います。なお、相変わらず「the」の連発ですので、工夫してみました。英語らしくリズミカルに、ということです。

Swelter abide through the equnotial week,
being parched by 34℃ air.

ということで、全体を纏めると以下のようになります。如何でしょうか?

Our radiant country.
Swelter abide through the equnotial week,
being parched by 34℃ air.
ヒョン No.1604 [Edit]
2007-09-25 09:25 
あはは、済みませんね。さぽってて。そのうち、やりますから。英訳は続けてね。
ヒョン No.1603 [Edit]
Comment form

Trackback

http://tanka.blog12.fc2.com/tb.php/992-79d405b7
FC2Blog User
プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。