短歌

廃墟 (Ruin)

*廃墟



経験に 無駄はなしとて 独りごち

廃墟となりし 過去と対峙す


I say to myself ordinarily that experience isn't waste.
But I am enforced to face my past
that has been nowadays a ruin for me.



スポンサーサイト

Comment

post
2008-03-08 00:30 
I say to myself that experience isn't waste ordinarily.

この部分、以下のように変更させて下さい。

I say to myself ordinarily that experience isn't waste.

それから、「have + 過去分詞」の使い方も少し勉強すると表現が豊かになります。

貴女は、ここのところで躓いて、「became ruin」としてしまいましたが、これでは意味が通じません。本当は、「廃墟となってしまった」と言いたかったんだと推測しましたので、「have + 過去分詞」を使うことにしました。これだと、文法的に明瞭に、「なってしまった」と表現することが出来ます。

ヒョン No.1768 [Edit]
2008-03-07 23:25 
さくらPaPaさんへ

ども、
ありがとう^^ですぅ~
喜んで、お受け致します。
こちらこそ、よろしく~
rosemary No.1767
2008-03-07 23:03 
大阪から発信中です。

お友達になりませんんか(*⌒ー⌒)o

Blogにemoを貼るとココロの変化が。彡☆
「笑う門には福来る」!感謝♪(〃^∇^)o_彡
2008-03-07 19:13 
ヒョンちゃん
わかってくれて、うれしいぃ~~~
うるうる;;;
rosemary No.1765
2008-03-07 18:29 
ああ、分かった。私の読みが浅かった。

経験に「無駄」はないと人は言うけれども、私の過去はそのような性質のものではなく、単なる廃墟でしかなく、その廃墟と「無駄」な対峙をせねばならない我が身の悲しさを言いたかった?

しかし、これは、あれだね、貴女のこと、よく知ってる人でないと、分からない短歌ですね。

経験に 無駄はなしとて 独りごち

廃墟となりし 過去と対峙す

I say to myself “Experience isn't waste”,
and I'm face to face with the past that became ruin.

I say to myself that experience isn't waste ordinarily.

But I am enforced to face my past that has been nowadays a ruin for me.

少し長くなりましたが、貴女の過去の詳細に通じている者を代表して、貴女が、この短歌で言いたかったことを、英語で表現しました。

人並みに、経験に無駄はないと口ずさみつつ、今では単なる廃墟となってしまった過去と対峙せねばならないことの辛さよ。

最後の「辛さよ」の部分を私は「be enforced」で表現してみました。

前半と後半とが連続していることを示し、その上で、一般論では処理しきれない私の過去を明示するために、「but」とか「a ruin」とか「for me」を使いました。

「and」では、繋がりを弱く感じてしまいますし、前半と後半は分けたほうが読みやすいです。

前半の文章の中で使われている「経験」という言葉は、貴女にとっては、「過去」と同等であったはずです。

しかし、「経験」といってしまうと、肯定的にしか聞こえないから、わざわざ、後半で、「過去」と言い換えて、出来れば思い出したくない「経験」と対峙する、って書いたんだと思います。だから「廃墟」なんだと思いました。

私も、ここに至るまで、随分、無駄な人生を送って来ました。

大学を出て、長男が誕生するまでの10年間。私は酒びたりの生活をしていましたし、大学に就職してすぐに、不登校になり、鬱病になり、約7年間の無駄な日々を送りました。そして、解雇されて、一人きりになり、札幌に来て2年半、吹雪舞う札幌を、身を引きずるように歩き回ったものです。

今、私は、毎朝、ウォーキングを楽しみ、新聞を熟読し、読書もし、ドキュメンタリー番組はメモを取りながら見つめ、フジ子のピアノを子守歌にして眠ります。

今日、使っているダウンの掛け布団の打ち直しの値段を知りたくて、通り掛かった布団屋のおばあさんに聞いたら、2万円かかる、とのことでしたので、諦めることにしました。新品を買ったほうがいいし、買えないのなら、丸洗いに出して、4,000円出費すれば、納得するだろうと思ってます。

篠路に居た時、糖尿病がひどくなり、寝汗がひどかったんです。寒風が吹きすさぶ戸外の風音を聞きながら、ダウンの掛け布団は、私の体が発した汗でビッショリでした。でも、さすがにダウンだけのことはあり、毎日そんな状態だったのに、丸洗いせずとも、夏の間、腐ったりもせず、今年の冬を暖かく包んでくれました。このダウン、私の母親がくれたんです。軽くて暖かくていいです。
ヒョン No.1764 [Edit]
2008-03-07 07:59 
ふ~~~む
そうですかぁ~
rosemary No.1763
2008-03-07 00:53 
日本語は奇麗に流れているのに英語は、っなことろですね。

日本語は実にリズミカルに流れていますね。

ただ、前半と後半との繋がりが、私には、ちと、理解出来ないです。

だから、翻訳するにしても、ちと、難しい。
ヒョン No.1762 [Edit]
Comment form

Trackback

http://tanka.blog12.fc2.com/tb.php/1069-c625160a
FC2Blog User
プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア