短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡月 (Pale Moon)

*淡月


 小夜更けて あなた(彼方)の空の 月見むと 

    おもひの雲の かかりて淡し


 At midnight I look at far pale moon which
 is enveloped by heavy cloud like my mind.
    ↓(修正)(Revision)
 The heavy cloud envelops the pale moon
 far up the midnightsky like my mind.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


スポンサーサイト

雫 (Drops of Water)

*雫


 蛇口より 滴る雫 焦燥を

   癒すが如く リズム刻みて


 Water rhythmically drops from faucet
 as appeasing fretfulness of my mind.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


シナプス (Synapse)

*シナプス


 人と人 心と心 シナプスの 

   如く繋がり 何処へ巡る


 Where do people and their minds
 roam with connecting like synapse?
    ↓(修正)(Revision)
 To where people and their minds
 roam like synapse?


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


ポプラ (Poplar)

*ポプラ


 細き枝の 端もあらわなる ポプラ木に 

   綿菓子様の 雲のかかりて 


 Clouds like cotton candy lie
 on bare thin branches of poplar.
    ↓(修正)(Revision)
 Cotton candy clouds
 the poplar's bare thin branches.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


彷徨 (Wandring)

*彷徨


 何故に この身あらむと 自らに

   問ひついつしか 五十路となりぬ

 
 I already became 50 generation
 while asking myself for what I am.
    ↓(修正)(Revision)
 I already became around 50's
 while asking myself for what I am.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


不条理 (Absurdness)

*不条理


 日常の 隅に居座る 暗闇の

   不条理につと 足掬(すく)わるる


 Abruptly I’m tripped by absurdness
 which settles in the corner of daily life.
    ↓(修正)(Revision)
 Abruptly I’m tripped by a rayless
 absurdness at the corner of daily life.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


雪景色 (Snowscape)

*雪景色


 この庭で 幼子作りし 雪だるま

   今は昔と 独りごちるも


 I recall the snowman made by my
 children in this garden at far old days.
    ↓(修正)(Revision)
 I speak aside that my children made
 snowman in this garden far back past.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


未来 (Future)

*未来


 来たるべき 時を恋ひつつ 人は生く

   冬には春を 夏には秋を


 We live with awaiting future which are
 spring in winter or autumn in summer.
    ↓(修正)(Revision)
 We live awaiting spring in winter
 or autumn in summer.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


一期一会 (Once-in-a-lifetime chance)

*一期一会


 去り行けば 二度と戻らぬ ものありて

   惜しむも虚し 一期一会と


 However regretting, something
 that goes away and never returns exists.
 It’s called ‘Once-in-a-lifetime chance'.
    ↓(修正)(Revision)
 Encounter that goes away and
 never returns is the first and the last.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


冬籠り (Hibernation)

*冬籠り


 窓ひとつ 隔てて温(ぬく)し 外は雨

   心地よきかな 冬籠りとは

 
 Cold rain and warm room are
 separated by the window.
 How comfortable hibernation is!
   ↓(修正)Revision)
 How comfortable and warm is the
 hibernation within the cold window.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


ナルシス (Narcisse)

*ナルシス


 これほどの 美形にあらば その姿

   水面に映し 愛でるも必定


 Narcissi who is such a beautiful figure can
 justly love himself reflecting to the water.
    ↓(修正)(Revision)
 Narcissus that has such a beautiful figure can
 be loved justly, reflecting itself on the surface.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


早起き (Early Riser)

*早起き


 紫の しじまの中に 早起きの
    
   人も電車も 白き息吐く


 Early riser and early train breathe whitely
 in purple quiet.
   ↓(修正)(Revision)
 An arly riser and train breathe whitely
 together in purple quiet.


 この記事は、こちらからイメージをいただきました。
        ↓
  さえぞうのブログ 鉄道のある風景 No.362~冬編75(ちほく高原鉄道)



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


眩暈(めまい) (Giddiness)

*眩暈


 天地左右 眩暈の中に 揺すぶられ
    
   あり得ぬ夢を 見せられ惑ふ


 Giddiness which joggles me at up, down, right
 and left befuddles me with impossible dream.
    ↓(修正)(Revision)
 Giddiness befuddles me with impossible dream,
 jogglling me at up, down, right and left.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


荒野 (Wilderness)

*荒野


 我一人 越えにし荒野 顧みて

   入り日の赤の 微笑み温し


 I look back to the wilderness which I went
 over alone, and red of sunset warmly smiles.
    ↓(修正)(Revision)
 Sunset's red smiles warmly
 when I look back to the wild I got over.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


湯気 (Steam)

*湯気


 冬来たり 春遠からじ といふほどに

   露天の湯気の 呟きぞ聞く
 

 I hear steam of open-air bath crooning
  'If winter comes, can spring be far behind'.
    ↓(修正)(Revision)
 I hear steam of open-air bath soliloquizing
 'If winter comes, can spring be far behind'.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


回想 (Remind)

*回想


 若き日の 拙き我を 助けたる

   料理百科の 背表紙も取れ


 The broken backbone of old cookbook reminds me
 that I was helped by it at young poor age.
    ↓(修正)(Revision)
 The broken backbone reminds me that's
 book helped my young poor cook age.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


京の参道 (Approach to Shrine in Kyoto)

*京の参道


 古の 女人の肌の 白粉の
 
   雪踏みつ行く 京の参道
 

 I walk approach to the shrine
 while stepping on snow like face powder
 of women’s skin of yore at Kyoto.
    ↓(修正)(Revision)
 I approach to an old Kyoto shrine, stamping
 the snow like face powder of women's skin.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


人を恋ふ (Love)

*人を恋ふ


 人に会ひ 人を愛して 人と成り 

   人に傷つき また人を恋ふ


 A woman who met and loved someone
 became a human.
 Even if her mind is hurt,
 she will love other one again.
   ↓(修正)(Revision)
 When be hurt woman love someone again,
 after she met, loved and grown-up.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



 こちらもどうぞよろしく~
   ↓

 夢の欠片 -パニック障害な私ー 


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。