短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑 (Dog Days)

*大暑


 起きぬけの 体は海月 脳は空 

  記憶の糸も たどるすべなし


 When awaken from sleep, my body is jellyfish,
 brain is vacancy and can’t find thread of memory.
    ↓(修正)(Revision)
 My body is like a jellyfish and brain is vacant
 when I get up.
 So I can't find even a thread of memory.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

スポンサーサイト

心の温度 (Warm Heart)

*心の温度

 身も凍る 無情の世にも 見渡せば 

   心の温度 高き人あり


 This world is bitter and congeals my body.
 But if looking around,
 I can find someone having warm heart.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

名残り日 (Vestige of Sunlight)

*名残り日


 今暮れむ 飛行機雲に 名残り日の 

   色置きたりて 傍らに月


 Vestige color of sunlight going down now
 is put on contrail, and moon is beside it.
    ↓(修正)(Revision)
 The crescent reflects the vestige of sunset
 beside contrail.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

滴るもの (Dropping)

*滴るもの


 この胸に 滴(したた)るものの 何たるか 

   解らぬままに 滴るままに


 I can’t know what’s it dropping into my heart,
 but I keep it in drop.
   ↓(修正)(Revision)
 I can’t know what drops in my heart.
 So I leave it alone.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

ため息雲 (Cloud of Sigh)

*ため息雲


 色失せて 一日終へて ため息の 

   雲ひとつ吐き 空眠るかな


 Dark sky at end of a day
 breathes cloud of sigh, and sleeps.
    ↓(修正)(Revision)
 Sky has lost his color, breathed a sigh of cloud
 and gone into sleep at the end of a day.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

シエスタ (Siesta)

*熱射


 熱射降る 真夏の昼の 現(うつつ)避け 

  シエスタの夢の 泡沫(うたかた)に入る


 I fall into short dream of siesta
 with avoiding actuality of dog days.
    ↓(修正)(Revision)
 I fall into a short dream of siesta
 to escape from the dog days' noon.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

悪夢 (Nightmare)

*悪夢2


 切れたりと 覚へし鎖 今更に 

   悪夢の淵に 我を引き込む


 Chain which should have cut draws
 me into deep of nightmare again.
    ↓(修正)(Revision)
 Rat race once cut draws me
 into the deep of nightmare again.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

放心 (Absent-mindedness)

*放心


 諸々の 思ひを宙に 放り投げ 

   身は抜け殻と なりて横たふ


 Lifeless shell, my body, lies down
 with flinging much emotions into the air.
    ↓(修正)(Revision)
 I lay me down like a blank,
 flinging many emotions into the air.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

花火五連発

*花火




*花火2




*花火3




*花火4




*花火5




にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

野良猫 (Stray Cat)

*野良猫


 ペルシャの血 継ぐも宿なし 飢えし猫 

   我を見上ぐる 瞳哀しき

 The cat is with train of Persian, but is stray
 and hungry and looks up at me with pitiable eyes.
    ↓(修正)(Revision)
 Persian stray-famished cat looks up at me
 with pitiable eyes.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

リフレイン (Refrain)

*リフレイン


 人生くる 世は大界の 片隅に 

   在りて刹那を 永遠に繰る


 People live at a corner of big world
 with repeating transience for ever.
   ↓(修正)(Revision)
 People repeat transience forever
 at the corner of this big world.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

朝露 (Drops of Morning Dew)

*朝露


 蔦の枝(え)に 宿りし光 朝の露 

   さやけき風に 揺さぶられ居り


 Shining drops of morning dew are staying
 on the ivy branches and swinging in the clear wind.
    ↓(修正)(Revision)
 Morning dew drops on the ivy swings
 in the clear wind.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

幼子 (Babies)

*幼子


 世に数多 産み落とされし 幼子の 

   我が子とも見ゆ 愛おしき笑み


 When I look at smiles of many babies
 born in this world, I feel them lovely like mine.
    ↓(修正)(revision)
 I feel lovely when I encounter many
 smiles of baby dropped in this world.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

鎮守の森 (Grove of Village shrine)

*鎮守の森


 太古より 神の宿りし 拠り所 

   今や森とは 呼べぬ鎮守様


 Village shrine, which we can’t call ‘grove’ now,
 is home where god dwells from time immemorial.
    ↓(修正)(Revision)
 From time immemorial God dwells in the village
 shrine we can't call 'glove' now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

情熱 (Ardor)

*情熱


 断ち消へむ とこそ覚へし 情熱の 

   一縷(いちる)の風に 甦り立つ

 
 Ardor looking like ash
 burns again with a blast of wind.
   ↓(修正)(Revision)
 Passion once disappeared burns again
 with a blast of wind.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

雷神 (Thunderbird)

*雷神


 雷神の 来りて閃光 翻り 

  天地の間(はざま) 悉く裂く


 Thunderbird with flash comes and
 cleaves everything between sky and earth.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

熱気 (Heat Wave)

*熱気


 容赦なく 降り注ぐ熱 今更に 

   身に沁み入りて 夏生き難し


 I feel difficult to live in summer
 when biting heat wave falls severely.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

Milky Way

*Milky Way


 橋一つ あらば夜毎に 逢ふものを 

   隔て横たふ Milky Way


 If a bridge is in sky,
 lovers can meet every night.
 But Milky Way lies dividing them.
    ↓(修正)(Revision)
 Lovers can meet every night
 if a bridge lies over the Milky Way.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

糸 (Threads)

*糸


 絡む糸 すれ違ふ糸 切れる糸 

  人の意図には 添はぬが縁(えにし)


 Threads of destiny which tangle, cross and cut
 never accede to person’s intent.
    ↓(修正)(Revision)
 Threads of destiny never accede to one's
 intent, tangling, crossing and cutting.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

海神(わだつみ)の底 (Deep Seafloor)

*海神の底


 灼熱の 過ぐる候まで 叶ふなら 

  海神(わだつみ)の底 深く眠らむ


 I wish to sleep in deep seafloor to
 the time when fiery season goes away.
    ↓(修正)(Revision)
 I'd like to sleep at the seafloor
 untill fiery season goes away.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

滝雨 (Cataract of Rain)

*滝雨


 滝となり 雨と叩くは 天の意図 

   何をや怒り 何をや憂ふ


 Cataract of rain betokens God’s intent.
 What do they anger or cry?
   ↓(修正)(Revision)
 Showing intent of God,
 to what the cataract of rain anger and cry ?


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

熱帯夜 (Sultry Night)

*熱帯夜


 年毎に 最高気温 更新す 

  日本よ何処へ 流れ行くのか


 Where is Japan floating down to,
 with renewing highest temperature?
    ↓(修正)(Revision)
 I wonder to where Japan float,
 renewing highest temperature every year.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

梅雨紫 (Blue-Red at Rainy Season)

*梅雨紫


 梅雨に咲く 花は紫 薄暗き 

   空に向かひて 彩光放てり


 Blue-red flowers beam bright color
 to darkish sky at rainy season.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。