短歌

半夏生(はんげしょう) (Hangesyo)

*半夏生


 緑生(お)ふ 中に涼しき 

  半夏生(はんげしょう) 

   降るなら降れと 雨を促す  


 Hangesyo looking cool in the greenth
 persuade rain to fall.
   ↓(修正)(Revision)
 Hangesyo enjoying cool in greenth
 intimidate the sky to rain.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

スポンサーサイト

再生力 (Power of Rebirth)

*再生


 失意より 這い上がり行く 力をば 

   過去を葬る 時流より得む


 I’m given power creeping up from misery
 by flow of time putting away the past.
    ↓(修正)(Revision)
 I'll get a power of creeping from misery
 by the bandwagon to entomb the past.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

地鏡 (Laurence)

*地鏡


 地鏡に 映るは遠き 来し方か 

   今は知り得ぬ 我が行く末か


 Laurence may mirror far past,
 or my future which I can’t see now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

空蝉 (Exuviae of Cicada)

*空蝉


 空蝉と なりて再び 戻り得ぬ 

  過ぎし季節の 愛しくも侘びし


 Past season which never returns becomes
 exuviae of cicada with endearment and desolation.
    ↓(修正)(Revision)
 I feel endearment and desolation in past season
 won't return like a exuviae of cicada.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

木漏れ日 (Sunbeams)

*木漏れ日


 深緑の 木漏れ日まぶし 野の道を 

   歩みて夏の 風と戯むる


 I play with summer wind while walking
 on the road where bright sunbeams fall
 through deep green leaves.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

心の闇 (Pitfall of Soul)

*心の闇


 自らの 心中覗けば 足元に 

  奈落の闇の 罠待ち受けむ


 Pitfall of dark hell await at a feet
 when peeping my soul.
   ↓(修正)(Revision)
 Pitfall of dark hell awaits me at my feet
 when I peep into my soul.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

覆水 (Split Milk)

*覆水


 覆水は 盆に還らず 逃(のが)したる 

   魚の惜しきも 世のならひとて


 It’s no use crying over split milk,
 and lost fish is big, this is law of averages.
    ↓(修正)(Revision)
 It's a law of averages that the lost
 fish is so big just like a spilt milk.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

去り行くもの (Going Away)

*去り行くもの


 来ては去る なべてこの世は 無常なる 

   ものとぞ思ふ 後ろ姿よ


 Everything of this world is transience
 like back figure coming and going away.
    ↓(修正)(Revision)
 Everything in this world is transience
 just like a back figure coming up and going away.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

更年期 (Change of Life)

*眩暈


 荒波の 数多(あまた)潜(くぐ)りて 安息と 

   思ふ間もなし 更年期かな

 
 I enter the change of life with no time
 of ease after passed many hardships.
    ↓(修正)(Revision)
 I have a climacterium now
 after many hardships of no ease.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

実り (Fruit)

*実り


 恋・一春(一瞬) 芽生へ育(はぐく)み 

  花咲きて 実りて後は 愛・千秋(千集)


 After momentary bud of love grows,
 it becomes a fruit.
   ↓(修正)(Revision)
 Momentary love buds into a couple and fruits.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

微情 (Faint Humanity)

*微情


 生くるとは 哀しきことと 覚へしも 

   微かに灯る 情に生かさる


 Even if life road is miserable,
 I’m animated by burning faint love.
   ↓(修正)(Revision)
 Even if life is miserable,
 love animate me in the faint light.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

路傍の花 (A Flower of Roadside)

*路傍の花


 急く人の 目には見えねど 道の端に 

  色も儚(はかな)き 花一輪


 Hurried someone can’t look it,
 but a evanescent flower is at roadside.
    ↓(修正)(Revision)
 At roadside an evanescent flower exists
 even if people in his hurry can't see it.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

結実 (Fruitage)

*結実


 過ぎし日の 心裂かるる 痛みさへ 

  今は肥やしと なりて実を成す


 Past pain which cleaved bosom
 becomes manure and ripens my soul.
    ↓(修正)(Revision)
 Even a past cleaved pain becomes
 manure of my present soul.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

陽気 (Jollity)

*陽気


 晴れ電車 乗り合わせたる 人々の 

   旅の心の 陽気に染まる


 I’m dyed by jollity of travelers
 riding in the same fine train.
  ↓(修正)(Revision)
 I’m dyed by the jollity of travelers
 in the same fine train.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

寄り添う (Cuddling)

*寄り添う


 晴れ渡る 空を仰ぎて 愛犬と 

  言葉は無くも 気の寄り添ひて


 Even if there are no words, my dog's mind
 cuddles with me over looking at fine sky.
    ↓(修正)(Revision)
 My dog cuddles up to me with no words,
 looking up fine sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

負の感情 (Negative Feelings)

*負の感情


 その身をぞ 哀れと思へ 心病む 

   人に巣食ひし 負の感情


 I feel pathetic the patient of the mental
 disease who is eroded by negative feelings.
    ↓(修正)(Revision)
 We may feel pathetic in negative
 emotions nidificate in disturbed.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

夕餉の匂ひ (Smell of Supper)

*夕餉の匂い


 淡き雲 敷きたる空の 暮れ落ちて 

   カレーの匂ひ 家並みを透る


 Smell of curry wafts through the street
 after sunset under sky having thin clouds.
    ↓(修正)(Revision)
 Curry smell wafts the street over
 which sun set in the thin cloud sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

夕日の朱(あか) (Red Setting Sun)

*朱


 溜息と 疲れを乗せて 下る汽車 

   夕日の朱(あか)の 懐の中


 The train runs with embarked sigh
 and fatigue in bosom of red setting sun.
    ↓(修正)(Revsion)
 The train is in the bosom of sunsetlike Chinese red,
 running down with sigh and fatigue.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

真心 (Cordiality)

*真心


 ささやかに 世の片隅に 息づくは 

   真心といふ 花とぞ見ゆる


 I look at the flower of cordiality living
 with modesty at corner of this world.
    ↓(修正)(Revision)
 Flower looks like cordiality, living with
 modesty at the corner of this world.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

辛酸 (Hardships)

*辛酸


 人知れず 呑み込みたりし 辛酸の 

   心の襞(ひだ)に 巣食ひて痛し


 Pain of hardships which I swallowed
 secretly inhabits in frill of mind.
    ↓(修正)(Revision)
 Hardships I swallowed secretly
 nidificate the frill of mind. Ouch.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

倉屋敷 (Warehouse)

*倉屋敷


 川風に 揺れし柳の 石橋を 
 
   渡りつ眺む 倉屋敷かな


 I look at warehouses with crossing
 stone bridge of willows flapped by river wind.
    ↓(修正)(Revision)
 Warehouse appears when I cross the stone bridge
 besides which willows flapped by river wind.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

ビーチパラソル (Beach Umbrella)

*ビーチパラソル


 遠き夏 寄せ来る波を 待たずして 

   ビーチパラソル 開き眺めむ


 I look at open beach umbrella with being
 impatiently for coming waves of far summer.
    ↓(修正)(Revision)
 Opening beach parasol I look for summer
 impatiently in successive waves.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

テールランプ (Tail Lamp)

*テールランプ


 星ひとつ だに無き空に 悠々と 

   ジェット機赤き 尾翼誇りて


 Jet plane fries leisurely
 with boasting his red empennage,
 in the sky having none of stars.
   ↓(修正)(Revision)
 Jet plane fries leisurely boasting of
 his red empennage in the sky of no stars.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

水鏡 (Mirror of Pond)

*水鏡


 異次元と さへも見ゆべき 水鏡 

   電車の鼓動 映しさざめく


 Mirror of pond looking as other dimension
 ripples and reflects heartbeat of train.
    ↓(修正)(Revision)
 Mirror of ripplling pond reflects heartbeat
 of train as if in another dimension.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

決断 (Volision)

*決断


 この命 長らふべきか 断つべきか 

   その問ひこそが 誤りと知れ


 We must know that question
 ‘ to be, not to be ‘ is impropriety.
    ↓(修正)(Revision)
 We must know that a famous question
 ‘to be or not to be ‘ is an error.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

盾 (Shield)

*盾


 病とぞ 思へば辛き 事どもも 

  この身を護る 盾と思へば


 I change bitter sickness into shield
 defending myself.
  ↓(修正)(Rvision)
 I'd rather switch painful sickness
 with the shield defending myself.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア