短歌

悠久 (Eternity)

*悠久


 モルダウの オーケストラの 描きたる 

   悠久の果て 心は遊ぶ


 My mind is floating at the end of eternity
 in which orchestra depicts Moldau.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

スポンサーサイト

逃げ水 (Road Mirage)

*逃げ水


 春の日の 降り注ぎたる アスファルト 

   逃げ水追いて ドライブ楽し


 We enjoy drive with chasing road mirage
 on asphalt where sunlight drips on.
   ↓(修正)(Revision)
 We enjoy drive chasing laurence of
 the asphalt on which spring sunlights drip.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

雨音 (Sound of Rain)

*雨音


 雨音の 鋭く鈍く 絶へ間なく 

  頼り無き身の 足元穿(うが)つ


 Sound of rain pierces ground of my shaky feet,
 sharply and dully without cease.
    ↓(修正)(Revision)
 Sound of rain pierces my shaky feet sharply,
 dully and ceaselessly.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

花霞 (Flower Mist)

*花霞


 砂の風 舞ひてうらうら 揺らぐ空 

  仰ぎ見つるも 花霞かな


 In flower mist I look up at sky
 where sand fog is dancing and swinging.
   ↓(修正)(Revision)
 It's a flower mist that I find in the sky,
 sand fog dancing and swinging.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

荒波 (Angry Wave)

*荒波


 人生と いふ荒波に 揺さぶられ 

  何処(いずこ)の岸へ 流れつくかは


 What shore will I arrive in after
 tossed about by angry waves of life?
   ↓(修正)(Revision)
 To what shore do I arrive,
 being tossed by angry waves of life.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

クリスマスローズ (Christmas Rose)

*クリスマスローズ


 楚々として 花芯を見せぬ クリスマスローズ 

   往時の女人 彷彿とせむ


 Lovely unspoiled Christmas rose never
 disclose her core like woman of old times.
    ↓(修正)(Revision)
 Lovely Christmas rose recall an old woman,
 never disclosing her core.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

蒼褪めた情熱 (Ashy Passion)

*蒼褪めた情熱


 夢ひとつ 断たれし跡に 蒼き風 

  熱を奪ひて 情を置き去る


 Ashy wind bereaves heat and leaves
 emotion when a dream was severed.
   ↓(修正)(Revision)
 Ashy wind bereaves heat and leaves emotion
 after a dream was shut out.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

雪柳 (Yukiyanagi)

*雪柳


 唯一人 きりりと白き 雪柳 

  黄砂の舞ふも 我関せず


 Only Yukiyanagi is white and trig
 with indifference to dancing bai.
    ↓(修正)(Rwvision)
 Yukiyanagi is the only trigly white
 with indifference to bai, dancing.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

苦楽 (Joy and Sorrow)

*苦楽


 苦も楽も 滾(たぎ)る思ひの 上にあり 

  道半(なか)ばにて 来し方眺(なが)む


 I look at past on my way,
 find joy and sorrow with boiling emotion.
    ↓(修正)(Revision)
 I review my half life where
 joy and sorrow are on the boiling emotion.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

ざわめき (Buzz)

*ざわめき


 交わりて また離れゆく 人波の 

  ざわめきすらも 無情とぞ聞く


 I feel heartless to even hearing buzz
 of people’s wave meet and leave.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

爪 (Nail)

*爪


 唐突に 途切れし糸の 朱き緒(お)を 

  握る拳(こぶし)の 爪に抉(えぐ)らる


 My mind is gouged by nails of fist
 enclasping red thread which was cut abruptly.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

れんぎょう (Rengyo)

*れんぎょう


 頼りなく 見ゆる枝にも 鈴なりの 

  黄色灯れる れんぎょうの花


 Yellow shining Rengyo is blooming in clusters
 even if branches look unreliable.
    ↓(修正)(Revision)
 Yellow shining Rengyo is blooming
 in clusters even on shaky blanches.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

凍り雨 (Frozen Rain)

*凍り雨


 早も梅 咲き終へし枝(え)に 凍り雨 

   行きつ戻りつ 春は気まぐれ


 Frozen rain falls on Japanese plum’s branch
 which has finished blooming already.
 Changeable spring is going back and forth.
    ↓(修正)(Revision)
 Spring is a fancy of shuttle,
 frozen rain falling on finished Ume branch.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

冬花火 (Winter Firework)

*冬花火


 唯一人 乞ひ焦れ見し 母老ひて 

  冬花火とぞ 去り行きにけり


 Emotion to my aged mother has gone away
 as winter firework after long time
 that I want and look her only one.
    ↓(修正)(Revision)
 Aged mother's gone out of my eyeshot
 as a winter firework,
 leaving me a deep pine.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

夢現(ゆめうつつ) (Dream and Reality)

*夢現


 浅き夢 深き現(うつつ)を 行き交ひて 

   人の道とは さてもをかしき


 It’s so amusing road of life coming and going
 between shallow dream and deep reality.
    ↓(修正)(Revision)
 It's so amusing that human road shuttle
 between shallow dream and deep reality.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

フェードアウト (Fade-Out)

*フェードアウト


 あの頃に 流行し歌聴く 夕間暮れ 

  思ひ出つれて フェードアウトす


 At dusk when I hear the popular song of those days,
 even memories fade away with it.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

希金属(レアメタル) (Rera Metal)

*レアメタル


 希金属(レアメタル) 在りや無しやと 屑鉄の 

   山と積まれし 前に佇む


 I stand in front of iron fillings heap
 and think ' Are there rera metals in it?'.
    ↓(修正)(Revision)
 I wonder if rare metal be
 in this heap of scrap ahead of me.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

福寿草 (Adonis)

*福寿草


 春一番 吹きて小庭に 福寿草 

  大地の目覚め 印す色かは


 Adonis’s color marks wake-up of the earth
 into my small garden after spring’s first south wind.
    ↓(修正)(Revision)
 Haruichiban inform my small garden of
 the awakening of earth with yellow adonis.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

足跡 (Footmark)

*足跡


 アルバムの 中に留まる 新雪に 

   足跡刻む 幼子の我


 Footmarks remain onto fresh snow
 in album by me of childhood.
   ↓(修正)(Revision)
 Snowy footprints etch
 my childhood featly in album.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

スパイス (Spice)

*スパイス


 苦労という スパイスなしには 人生の 

  深き味はひ 得るを能(あた)はず


 We can never taste deep life
 without spice of hardship.
   ↓(修正)(Revision)
 We can never taste life deeply
 without spice of so-called hardship.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア