短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬空 (Winter Sky)

*冬空


 寒入るも 唐風(からかぜ)吹くも 空淡く 

  高炉峰(こうろほう)見ゆ 御簾(みす)も無かりき


 I can’t look at snow through jalousie
 in blowing north wind at this cold season.
    ↓(修正)(Revision)
 Even snow can't be found through jalousie,
 cold dry north blowing in the light blue sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

スポンサーサイト

オリオン (Orion)

*オリオン


 寒更けて 澄み渡りおる 天空に 

  我を見守る オリオン優し


 Orion fondly watches me
 from clear sky in cold night.
   ↓(修正)(Revision)
 Orion watch me fondly from clear cold night sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

節分 (Day of Beginning Spring)

*節分


 節分ける 日も近しかな 枯れ野にも 

   人にも明き 春や待たるる


 I await the day of beginning spring that
 sunlight shines into desolate field and people.
    ↓(修正)(Revision)
 Bright spring may come soon
 to desert and people toward Setsubun.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

夢現(ゆめうつつ) (Dream and Actuality)

*夢現


 淡き夢 見居りし青き 春過ぎて 

  今や確かな 現(うつつ)にぞ生く 


 I live in reliable actuality now after
 passed young spring with looking faint dream.
    ↓(修正)(Revision)
 I live in a reliable actuality
 but a faint dream of young blue spring.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

働く人  (Workers)

*働く人


 したたりぬ 汗ふく暇も 惜しみつつ 

   働く人に こそ幸あらむ


 I wish that happiness are given to
 people working by the sweat of his brow.
    ↓(修正)(Revision)
 I wish that happiness is given to laborer earn
 their bread by all of a sweat of his brow.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

空 (Sky)

*空


 東京に 空はなしとは 千恵子抄 

  何処に在りき 平成の今


 Chieko Takamura said ‘ Tokyo has never sky‘.
 Where is sky at now of Heisei?
   ↓(修正)(Revision)
 Where's the current Heisei sky read in
 Chieko Takamura's poem 'Tokyo has never sky' ?


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

一対 (One-To-One)

*一対


 男女には 上下はなかり 陰陽の 

  役割持ちて 一対と成す


 Men and woman consist from one-to-one of
 yin and yang which are never master and servant.
    ↓(修正)(Revison)
 Men and women make a couple
 of inseparable yin and yang.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

泡沫(うたかた) (Bubbles)

*泡沫


 泡と浮き 沫と消えゆく 花あらば 

  木の葉の舟の 漕ぎ寄すものを


 I want to let a leaf boat come near a flower
 which floats and fades away like bubbles.
    ↓(修正)(Revision)
 Come a leaf boat near flower
 who floats and bursts like a bubble.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

白と黒 (B and W)

*白と黒


 厳寒の 気の引き締まり 白と黒 

  墨絵の中にも 人は息づく


 People live in even tense frost
 like a SUMIE painted by b and w.
   ↓(修正)(Revision)
 People live in even tense frost just
 like a SUMIE world with black and white.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

ゆるび (Warm Sunlight)

*ゆるび


 久方に ゆるびもていく 日の射して 

  庭の花にも 遣り水とやせむ


 I water flowers in the garden where
 warm sunlight shines after a long time.
    ↓(修正)8Revision)
 I water flowers in the garden cause
 bluebird weather come back after a great while.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

入り日 (Setting Sun)

*入り日


 赤き日の 入りたる様を 仰ぎ見て 

   今日一日の 有難きかな


 I feel glad to be living today
 looking at red setting sun.
   ↓(修正)(Revision)
 I feel glad at living today toward falling red sun.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

時流る (Time Goes Away)

*時流る


 時流る 日々の間に間に 掻き消えぬ 

  人の生きたる 思ひの欠片


 Time of days goes away
 taking many bits of our emotion.
   ↓(修正)(Revision)
 Bits of faith in living go away
 beyond past current time.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

温もり (Warmness)

*温もり


 地下街の 洋式トイレに 腰下ろし

  その温もりに ほう~と息つく


 I take a breath when sitting on warm
 lavatory in underground shopping center.
    ↓(修正)(Revision)
 I draw a deep breath feeling warm
 of the toilet seat underground.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

アートな街 (Art in Town)

*アートな街


 さりげなく アートの存在 し得る街

   如何に心の 豊かなるかな


 I get rich mind in the town
 which has arts unobtrusively.
   ↓(修正)(Revision)
 How comfortable is the town who
 can have unobtrusive art in it.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

うたた寝 (Catnap)

*うたた寝


 ガタゴトと 電車の声に 誘(いざな)われ 

   うたた寝し居る 程の幸せ


 I’m happy brought to catnap by
 freight train which jerks along noisily.
    ↓(修正)(Revision)
 I catnap happily when freight train
 make a continuous noise.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

玉成す (Gem Soul)

*玉成す


 積年の 恨み辛みも しがらみも 

  岩を磨きて 玉と成すかな

 
 Grudges and obstacles of long time
 make gem soul with burnishing rock.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

つらら (Icicle)

*つらら


 肌を切る 冷気を留め 形(かたち)成す 

   つららに映る 北国の空

 
 Northland’s sky is reflected on icicles
 composed of cold air cutting to the bone.
    ↓(修正)(Revision)
 The icicle reflect northland sky,
 composing of cutaneous cold air.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~

ヴァーチャル (Virtual Community)

*ヴァーチャル 3


 我が子より 幼き友を 給わるも 

  ヴァーチャル故にと 笑みのこぼるる


 I'm glad to having in virtual community
 younger friends than my son.
   ↓(修正)(Revision)
 Smile spills out when I feel that virtual
 community may give me friends younger than my son.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夜のバス (Night Bus)

*夜のバス


 行く先に 苦き思ひの 沁み込んだ 

  バスを目で追ふ 宵ターミナル


 At night terminal I look after the bus which my bitter
 emotion is lasting in the indication of destination.
    ↓(修正)(Revision)
 I keep my eye on the bus bound for a destination
 blotted with bitters of young days at night terminal.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


カフェ (Coffee Shop)

*カフェ


 若き日に 通ひしカフェの 佇まひ 

   今も変わらず 我を癒せり


 Ambiance of the coffee shop where I resorted
 at young age smooths over me still now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


 このブログの初期の作品を収録したブログ本は
 こちらから購入できます。
    ↓
 書籍「私史心象」 販売サイト
 


大路 (Main Street)

*大路


 不景気と 言へど大路に 人溢れ 

  街の灯りも さざめき揺れむ


 Though stagnation in the economy,
 main street is flooded with people and lights waver.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


 このブログの初期の作品を収録したブログ本は
 こちらから購入できます。
    ↓
 書籍「私史心象」 販売サイト
 


一滴 (A Drop)

*一滴


 海神(わだつみ)の 果てへと流る せせらぎの 

  その一滴と なりて生きたし


 I want to live as a drop of brook's
 water flowing to the end of sea.
   ↓(修正)(Revision)
 I want to live as a drop of brook beyond sea-god.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


 このブログの初期の作品を収録したブログ本は
 こちらから購入できます。
    ↓
 書籍「私史心象」 販売サイト
 


充足 (Fullness)

*充足


 充足の 眠りは明けし この耳に 

  鳥の声さへ 我に微笑む


 I hear bird’s voice smiling to me
 in waking up from sleep of fullness.
   ↓(修正)(Revision)
 I hear bird-song smile upon me after full sleep.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


 このブログの初期の作品を収録したブログ本は
 こちらから購入できます。
    ↓
 書籍「私史心象」 販売サイト
 


名残り (Remains)

*名残り


 泡沫(うたかた)に 花の名残りの 流れ去り 

   再び来(きた)る 風さえも無し


 Remains of flowers go away like foam
 and no wind comes back again.
   ↓(修正)(Revision)
 Winds not come back again after
 bubblelike afterglow of flowers fleet by.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


 このブログの初期の作品を収録したブログ本は
 こちらから購入できます。
    ↓
 書籍「私史心象」 販売サイト
 


星灯る (Glowing Stars)

*星灯る


 長々き 時の流れに 洗われし 

  過ぎし事ども 星と灯(とも)らむ


 The past is glowing like stars
 after washed in flow of long time.
   ↓(修正)(Revision)
 The pasts glow like stars after
 washed off by the long-long time.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


明けの空 2 (Sunlight)

*明けの空 2


 世に迷ひ 苦渋の中を 彷徨(さまよ)へど

   明けぬ夜は無し 止まぬ雨無し


 We can look at sunlight again after
 dithering and digressing in distressful world.
    ↓(修正)(Revision)
 Night or rain will be surely renewed after
 losing oneself or meandering through distress.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


明けの空 (Beginning Sky)

*明けの空


 今明けし 新たなる時 人の生く 

  導(しるべ)も然(しか)り 刷新さるべし


 Now guidepost of people’s life must
 be revamped at the beginning of year.
   ↓(修正)(Revision)
 Road map for the people must be
 reformed at the beginning year.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。