短歌

冷花 (Cold Flowers)

*冷花


 冬へ落つ 冷気の中に 咲く花の 

  夏にも増して 愛ほしきかな


 I love flowers opening in cold air
 fallen to winter more than in summer.
    ↓(修正)(Revision)
 I love winter flower more than summer one,
 blooming in cold air.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

生成 (Becoming)

*生成


 何を病み 何を悩みて 何を得む 

  難を潜りて 成りし悟りぞ


 When we had overpassed sickness, affliction
 and trouble, we may get philosophy.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


紅舟 (Red Cymbiform Leaf)

*紅舟


 木々の間を 流るる水に 浮かび行く

  落ち葉の舟の 紅(くれない)ひとつ


 A fallen red cymbiform leaf is flowed away
 by water flux between tree’s leaves.
    ↓(修正)(Revision)
 A red cymbiform defoliation
 flow on the flux among trees.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


黄昏の妙 (Twilight Mystery)

*黄昏


 日の落ちて灯ともし頃まで妖しくも 

  移ろひつるは黄昏の妙(みょう)


 Mystery of twilight change bewitchingly
 own color from sunset till lights shine.
    ↓(修正)(Revision)
 Twilight mystery change his own color
 bewitchingly from sunset till midnight.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


青空 (Blue Sky)

*青空


 仰ぎ見る 空の青にも 恥じぬよう 

  今身を正し 人の生くべし


 Now we must go on right way
 so as not to be ashamed for blue sky.
    ↓(修正)(Revision)
 Now we must live right so as
 may not feel shame to high up blue sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


祭囃子 (Festival Music)

*祭囃子


 神輿引く 提灯行列 闇に消え 

   祭囃子の 声のみぞ聞く


 I hear only festival music after
 portable shrine and lantern parade faded away.
    ↓(修正)(Revision)
 I hear only festival voice
 after lantern parade with Mikoshi fade into dark.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


平穏 (Peaceful Life)

*平穏


 幼き日 夢にも見たり 現(うつつ)にも 

  切に願ひし 平穏得たり


 My peaceful life was fulfilled that I used to dream
 and wished in real world in infancy.
    ↓(修正)(Revision)
 I finally get peaceful life
 that's dreamed and wished in my infancy.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋風鈴 (Autumnal Wind-bell)

*秋風鈴


 耳元に 秋風鈴の 囁(ささや)きて 

  父の命日 偲(しの)びて逡巡(しゅんじゅん)


 I bethink my late father
 with hearing window-bell in autumn.
    ↓(修正)(Revision)
 I stagger when autumnal wind-bell
 whisper my father's obit.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


車窓 (Wheel Window)

*車窓


 車窓より 流れ去り行く 風景を 

  眺むる如く 運命を生く


 I live in my destiny like as looking at
 paysage flowing away in wheel window.
    ↓(修正)(Revision)
 I live my destiny looking
 fluid scenery of wheel window.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


心痛 (Heartadhe)

*心痛


 荒廃す 人世に在りて 幼子の 

  行く末如何(いかに)にと 心痛めむ


 My heart ache for children’s future
 in ruined world of people.
    ↓(修正)(Revision)
 My heart ache for the future
 of children live in this desert world.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


暁 (Dawn)

*暁


 暁を おぼろに包む 雲出でし 

  雨がちなりて 秋は沁み入る


 Many rain falling from dawn sky
 wrapped by cloud makes Autumn deep.
    ↓(修正)(Revision)
 Much rain fall deeply
 while autumnal clouds wrap dawn.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


親交 (Friendship)

*親交


 我と来て 何やら身上 語りたる 

  人の在るさへ 喜ばしかな


 It is happy for me that some friends
 come and tell the story of her life.
    ↓(修正)(Revision)
 It's happy for me that friends
 come and tell me their own stories.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋深し (Deep Autumn)

*秋深し


 金木犀 それと見ぬ間に 散り去りて 

  ますます深し 秋の暮かな


 Autumn became more deep
 after fragrant orange-colored olive fell away
 while I couldn’t look.
    ↓(修正)(Revision)
 Autumnal evening come deeply
 while I find not Kinmokusei fell away.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


細心 (Delicate Attention)

*細心


 世が世なら 強(ごう)と思ひし 我が夫(つま)の 

  その気配りの 細(さい)なるを見る


 If it was the times convenient for my husband
 he would look strong but his attention to me
 looks very delicate.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


凪 (Calm)

*凪


 過ぎ去りし 日々を思へば 今はただ 

  凪の港に 繫ぐ舟かも


 Compared with my past days,
 I’m like a ship tied to calm harbor now.
    ↓(修正)(Revision)
 Compared with past I'm rather
 now a ship tied with calm harbor.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


紫 (Purpure)

*紫


 哀れなる 咲きそびれたる 朝顔の 

  風に小(ち)さきも 紫放つ


 Plaintive late-blooming morning glory
 effuses purpure in the wind.
    ↓(修正)(Revision)
 Late morning glory effuses a little
 bitty purpure in the wind plaintively.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


流れ (The Flow)

*流れ


 先は先 今は今とて 漂々(ひょうひょう)と 

  流るる水に 浮かべし身なり


 I’m floating on the flow
 with no freezing to now and future.
    ↓(修正)(Revision)
 Regardless of now or future
 I entrust myself to the flow of water.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


竹林 (Bamboo Grove)

*竹林


 竹林の さやさやさやと 空掃きて 

  今は昔の 物語せむ


 Bamboo grove whisperously brushes sky and talks
 about The Tale of the Bamboo-Cutter of antiquity.
    ↓(修正)(Revision)
 Bamboo grove brushes sky whisperously reflect
 a nursery story of Bamboo-Cutter.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


過去 (The past)

*過去


 浮き沈み 過ぐる月日の 心痛も 

  苦悩も無駄には 在らぬ現(うつつ)ぞ


 The past ups and downs, sorrow
 and agony are never waste now.
    ↓(修正)(Revision)
 Ups and downs, sorrows,
 agonies in past are'nt wasting now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


魔手 (Talon)

*魔手


 心無き 人の言葉の 魔手となり

  無防備なる身の 芯をも穿(うが)つ


 Someone’s cruel words become talon
 and bore the core of my open soul.
    ↓(修正)(Revision)
 Talon of cruel words bore my armless soul.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


心淵 (My Emotion’s pool)

*心淵


 悉(ことごと)く 過去へ流れし ものかはと 

  我が心淵の 底を眺むる


 I look at my emotion's pool
 where many memories flowed to past.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋刀魚 (Sauries)

*秋刀魚


 秋刀魚焼く 匂ひの満ちて 只人(ただびと)の 

  温もり集ふ 秋の宵かな


 At autumn evening, warmness of common people
 gathers to here when smell of grilling sauries fills. 
    ↓(修正)(Revision)
 Sauries grilling fill autumnal evening
 where people gather and warm each other.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夜寒 (Cold Evening)

*夜寒


 明星の ともりて空の 色深く 

  夜寒の底へと 秋は沈みぬ


 I sink into cold bottom of evening with looking
 at Venus in deep-colored autumn sky.
    ↓(修正)(Revision)
 Autumn drop into cold night
 when Venus appear over deep-colored sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋長(た)けて (The Best Part of Autumn)

*秋長けて


 秋長(た)けて 岸にも里にも 野山にも 

  競ひ移ろふ 色こそ愛でむ


 At the best part of autumn I admire colors
 changing with competition in shore, village,
 field and mountain.
    ↓(修正)(Revision)
 I admire deep autumnal colors competing change
 at shore, village, field and mountain.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


道 (Road)

*道


 何物を 惜しみて身をば 狭くせむ

  命一つの 歩むこの道


 We must never be narrow-minded
 with walking on the road of soul.
    ↓(修正)Revision)
 Why must we narrow this soulful road
 after regretting something ?


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


家族 (Family)

*家族


 語らずも 我が心中を 察したる 

  家族の思ひ 胸に溢る


 My heart is flooded with family’s kindness
 knowing myself without words.
    ↓(修正)(Revision)
 Family's kindness fulfill my heart with no words.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


浅き夢 (Shallow Dream)

*浅き夢


 浅き夢 我を何処へ 運び行く

  遠き来し方 遥か行く末


 Shallow dream brings me
 to distant past or distant future.
    ↓(修正)(Revision)
 To where shallow dream brings me,
 distant past or future ?


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


朝霧 (Morning Mist)

*朝霧


 朝霧の 覆ひし山の そこここに 

  色付きたりし 秋萌え出でぬ


 Autumn color appears here and there
 of the mountain wrapped by morning mist.
    ↓(修正)(Revision)
 Autumnal colors appear here and there
 at the morning mist mountains.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


移り世 (Changing World)

*移り世


 陽炎(かげろう)の 如く移ろふ 人の世に 

  在りてこの手に 一粒の愛


 I have one grain of happiness
 in the world changing like heat devil.
    ↓(修正)(Revision)
 I have a grain of happiness
 in this heat-devil-changing world.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


愛犬ペレ君 (My Dog ‘Pele’)

愛犬ペレ君


 野良猫の 忍び来たりて 残り餌(え)を 

  食べられ居るも 吠えぬ愛犬


 My dog doesn't bellow to even wild cat
 creeping and eating his leftovers.
    ↓(修正)(Revisin)
 My dog Pele doesn't give a bark to wild cat
 even crept along or eaten his leftovers.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア