短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の暮 (Autumn Sunset)

*秋の暮


 早も来し 釣瓶落としの 日の暮れの 

  胸を過(すぐ)るは 過去の諸々


 At hurrying sunset
 many things of the past are passing my mind.
    ↓(修正)(Revision)
 A lot of memories come to me
 at hurrying sunset.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

波 (Wave)

*波2


 ターナーの 描きし海の 波猛(たけ)く 

  幾年月を 越えて息づく


 Raging sea wave which was depicted by Turner
 is alive through many years.
    ↓(修正)(Revision)
 Raging sea wave by Turner keep alive many years.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


雲間 (Behind The clouds)

*雲間


 雨音の 途切れて遠き 雲間より 

  出でし光ぞ 我に注がむ


 Rain has subsided and sunlight drips
 on me from behind the cloud.
    ↓(修正)(Revision)
 Sunlight through clouds reach me
 after rain subsided.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


集い (Gathering)

*集い


 この場所に 集ひし人に 縁(えにし)あり 

  遠き過去より 寄りて近しき


 People gathering here from far past
 are chummy each other.
    ↓(修正)(Revision)
 People are chummy each other,
 gathering here far back in the past.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


幸ひとつ (A Happiness)

*幸ひとつ


 和(なご)やかに 佇(たたず)まひせし 幸ひとつ 

  拾ひて胸に 抱(いだ)きて篤(あつ)し


 I pick up a peaceful happiness being here
 and hold it in my hot bosom.
    ↓(修正)(Revision)
 I stand still holding peaceful happiness
 tightly in my heart.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


流星 (Falling Stars)

*流星


 上衣(うわぎぬ)を 羽織りて犬に 餌(え)を与ふ 

  流星群は 群雲の陰


 When I wrapped me with a outerwear
 and gave food to my dog, falling stars were clouded.
    ↓(修正)(Revision)
 Falling stars cloud sky
 when I feed my dog, wearing outer.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


紅 (Red)

*秋空


 紅に 染まりし木々の 鮮やかに

  空に映へたり 目にも沁みたり


 Red colored trees are brightly noticeable in the sky
 and give my eyes a deep impression.
    ↓(修正)(Revision)
 Red trees silhouetted against sky
 give deep impression to my eyes.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


心患う人 (Suffer from Mind)

*心患う人


 世に数多(あまた) 心患ふ 人在りて 

  世人の理解 未だ及ばず


 Many people suffering from mind are
 never comprehended by the public yet.
    ↓(修正)(Revision)
 People don't accept
 many psychological patients enough.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


里中 (In A Village)

*里中


 里中の 深まる秋に 歩を合わせ 

  ゆるゆる進む 一両電車 


 A train made up of one car runs slowly
 attuning deepened autumn in a village. 


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


珈琲 (A Cup of Coffee)

*珈琲


 落日と 共に地熱は 冷め果てて

  熱き珈琲 身にぞ沁み入る


 A cup of hot coffee warms me
 on cooled earth with sunset.
    ↓(修正)(Revision)
 A cup of hot coffee warms me
 after earth cooled off by sunset.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


金木犀 (Fragrant Orange-Colored Olive)

*金木犀


 いつの間に 盛りとなりし ものかはと

  風の知らせに 金木犀見ゆ


 I look at already blooming fragrant
 orange-colored olive by wind’s information.
    ↓(修正)8Revision)
 Wind inform me that
 fragrant orange-colored olive already bloom.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


沢風 (Bog’s Wind)

*沢風


 さてもいざ 難き扉を 押し開き

  沢風渡る 野に出でしかな


 Now I go to field in bog's wind
 with opening heavy door.
    ↓(修正)(Revision)
 Now I charge into the bog-windblown
 field from heavy door.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


負の感情 (Negative Emotion)

*負の感情


 澱(よど)みたる 負の感情を 糧(かて)として

  生くるに幸(さち)の 入(い)る隙間なし


 If someone lives with having negative emotion,
 his mind never have space where happiness enter.
    ↓(修正)(Revision)
 Someone with negative emotion
 never can enter happy space.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


深空 (Deep Sky)

*深空


 秋空の 果て無く青き 清涼の

  花も木の実(この身)も 包みて深し


 Refreshment of infinite blue autumn sky
 deeply enfolds flowers, nuts and me.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


綾 (Twill)

*綾


 世はまさに 縁(えにし)の糸の 無数にて

  人と人との 織り成す綾かな


 This world is just like twill made by
 countless thread of people’s destiny.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


帰路 (Returner)

*帰路


 夕なずむ 帰路に我が家の 灯のともり

  夫(つま)と子のある 温もりに入る


 Under evening sky I return into warm light
 of house where my husband and son wait.
    ↓(修正)(Revision)
 On my evening way home warm light
 remind me of my husband and son.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


病葉(わくらば) (Died Leaves)

*病葉(わくらば)


 病葉(わくらば)の 寄せ集まりて 成す堰(せき)を

  越へなば末の 見得る術(すべ)無し


 Unless I overpass the sluice of gathering
 died leaves I can't look at my future.
    ↓(修正)(Revision)
 I can't find my future unless overpass
 the sluice of diseased leaves.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋桜 (Cosmos)

*秋桜


 風ひとつ 立ちて秋桜(コスモス) 一斉に

  放てし彩の 心にぞ揺れむ


 Colors of cosmos effusing all together
 move my mind in a arising wind now.
    ↓(修正)(Revision)
 Cosmos nod me effusing their colors
 with one accord of a wind.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


寂寥 (Loneliness)

*寂寥


 夜は果てて 白々明る 窓寒き

  寂寥(せきりょう)さへも 風情なるかな


 I feel nice aura to even loneliness
 in gleaming white window at dawn.
    ↓(修正)(Revision)
 Even loneliness give me nice aura
 by greamy-white-cold window of dawn.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


次世 (Next Life)

*次世


 夏の庭 彩り終えし 朝顔の

  蔓(つる)に残せる 次世の命よ


 Morning glories have many next lives
 at the end of coloring summer garden.
    ↓(修正)(Revision)
 Morning glories left many next lives
 at their vine after coloring summer garden.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


深淵 (Abyss)

*深淵


 一筋の 光も無かり 果ても無き

  深淵見たる 者の強さよ


 Someone who looked at bottomless abyss
 not exiting even a light is hardy.
    ↓(修正)(Revision)
 Seeing a bottomless abyss
 without even a light is hardy enough.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夏の記憶 (Summer’s Memory)

*夏の記憶


 何かしら 忘れ物せむ 夏の日の

  記憶の中を さまよひし秋


 In autumn I ramble in summer’s memory
 having forgotten something.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


白い花 (White Flowers)

*白い花


 我が思ひ 知ってか知らずか 白き花

  モビールさながら 頷(うなづ)き返す


 White flowers which may know
 my emotion nod like a mobile for me.
    ↓(修正)(Revision)
 White flowers which may know or not
 my emotion nod to me like a mobile.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夜寒 (Cold Night)

*夜寒


 日の落ちて 夜寒の迫り 身に沁みて

  急ぎ探せる 上衣(うわごろも)かな


 I quickly search a outerwear
 because coldness pierce to me at sunset.
    ↓(修正)(Revision)
 Sunset cold pierce me
 hurrying up to clothes closet.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


新生 (Recreate)

*新生


 悉(ことごと)く 断絶されし シナプスを

  再び繫(つな)ぎて 成るは新生


 I recreate a new life with
 connecting all broken synapses again.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋色 (Autumn Color)

*秋色


 山は早や 色付き染めし ものかはと

  籠もりし部屋の 窓開け放つ


 I open the window of room staying myself
 with depicturing already colored mountains.
    ↓(修正)(Revision)
 I unbar withdrawal-window because
 mountains already begin to color.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


花光る (Shining Flowers)

*花光る


 雨上がり 青空に映ゆ 野の花の

  光の如く 風に戯る


 After a rain flowers shining in blue sky
 play with wind.
    ↓(修正)(Revision)
 After rain luculent wildlings play with wind,
 showing up themselves against sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


孤独 (Loneliness)

*孤独


 人中に 在りてこそ知る 孤独あり

  人と離れて 繫(つな)ぐ糸あり


 I feel loneliness in many people,
 but my mind connects with distant friend.
    ↓(修正)(Revision)
 I find loneliness in crowd,
 string from distant reversely.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋一滴 (A Drop of Autumn Rain)

*秋一滴


 群雲の 覆ひし空の 下行けば 

  我が肩先に 秋の一滴


 A drop of autumn rain falls on my shoulder
 from sky coated by many cloud.
    ↓(修正)(Revision)
 Autumnal rain falls on my shoulder above
 which a crowd of clouds coat the sky.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


血潮 (Spirited Blood)

*血潮


 温かき 血潮流るる 人なれば 

  心通(かよ)ひて 癒し和(なご)まむ


 People having spirited hot blood
 understand and warm heart each other.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。