短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の気配 (Feeling of Autumn)

*秋の気配


 立ち草の 伸びに伸びたり 茂みへと

  踏み入る足に 秋ぞ触れなむ  


 I step foot in a clump of long grasses
 and feel coming Autumn.
    ↓(修正)(Revision)
 I step foot in a clump of shagging long grasses,
 feeling Autumn at my feet.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

夢の中 (In The Dream)

*夢の中


 夢の中 浮いては消ゆる 色彩の

  眩しき流れに 身を浮かべつつ


 I float on the flow of dream
 which many colors are winking glary.
    ↓(修正)(Revision)
 I float on glary-dreaming flow of colorful
 up and down.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


娘のいる風景 (Daughter in Scenery)

*娘のいる風景


 離れ居る 娘の帰省 久々に

  家族の絆 固く結ばむ


 The knot of family becomes firm when my
 leaving daughter came back after a long absence.
    ↓(修正)(Revision)
 Family knot firms with my daughter's
 sweated homecoming from distance.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


幸せな記憶 (Happy Memories)

*幸せな記憶


 幸せな 記憶を積みて 眺めては

  一つ二つと 数え暮らさむ


 I wish to live with cumulating happy memories,
 looking at it, and counting.
    ↓(修正)(Revision)
 I wish to cumulate, look at and count
 happy memories recently.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


裏腹 (Opposite)

*裏腹


 微笑みを 湛(たた)えながらも 汚れたる

  妬(ねた)み嫉(そね)みを 抱くさもしさ


 Sometimes one has sordid envy
 with the opposite to one's smile.
    ↓(修正)(Revision)
 Someone smiles sordidly with envy in their heart.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


涼風 (Cool Wind)

*涼風


 盆過ぎて 未だ残りし 夏日にも

  簾(すだれ)透りて 涼の一片(ひとひら)


 A cool wind blows through jalousie
 at even autumn-like summer after Bon..


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


草蔓 (Liana)

*蔓草


 隣家より 這ひ入りたりし 草蔓(くさかずら)

  風に揺らぎて 我に手を振る


 A liana crawling from next door swings
 and beckons me in the wind.
    ↓(修正)(Revision)
 A liana crawling from neighbor gives me a shake,
 swaying in the breeze.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


必定 (Inevitability)

*無から無へ


 無より出で 無へと帰するは 現(うつつ)にて

  在りしもの皆 負ひし定めか


 Everything in the world have inevitability
 which come from zero and return into zero.
    ↓(修正)(Revision)
 Existence assume inevitability to
 come frome and return into nothing.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


最果て (The End of The World)

*最果て


 最果ての 天と地と海 神の手の

  創り給ひし もののみぞ生く


 There are only sky, earth and sea which was
 made by God's hands at the end of the world.
    ↓(修正)(Revision)
 Life created only by God's hand are at jumping-off
 place to where sky, earth, and sea converge.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


向日葵 (Sunflower)

*向日葵


 向日葵の 二つ三つ四つ 日を受けて

  今をとばかり 夏を放てり


 Two, three, four sunflowers
 catch and effuse summer’s sunlight just now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


終息 (Extinction)

*終息


 縁有りて 事の起こりて 気の満ちて

  極まり弾け やがて終息 


 At first destiny exists.
 Some affair happen, fill emotions, burst out
 and fade away to extinction.
   ↓(修正)(Revision)
 Something happen with destiny,
 fill emotions, burst out, and fade away.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


青い時 (Blue Time)

*青い時


 唯一人 目覚め居りしは 夜の果て

  天地に灯り 無き青き時


 Only I wake up at blue time in end of night
 when lights vanished in sky and earth.
    ↓(修正)(Revision)
 I wake up at midnightblue time and enjoy solitude.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


生業(なりわい) (Occupation)

*生業


 夢を出で 再び夢に 入るまでの

  現(うつつ)を生くる 生業(なりわい)なるかな


 I have a occupation for this life
 while exit from dream and enter into dream again.
    ↓(修正)(Revision)
 I may live only to exit from dream
 and enter into dream again.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


地鏡 (Road Mirage)

*地鏡


 帰らざる 人の面影 地鏡に

  浮かびて我に 何をや告げむ


 I feel some messages to me
 from the dead floating in a road mirage.


*地鏡 (逃げ水ともいう)
砂地や舗装道路で、前方に水たまりがあるかのように見え、近づくとその先に移っていく現象。光の異常屈折によるもので、強い日射で地面が非常に熱せられたときに見られる。古く、武蔵野の名物とされた。


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


献花 (Floral Tribute)

*献花


 空に散り 海に異郷の 地に果てし

  御霊を悼む 花のみぞ舞ふ


 Dancing flowers are given to the soul
 of fallen swads at sky, sea and out-country.
    ↓(修正)(Revision)
 Only flowers deplore swads fallen and dead abroad,
 at sky or sea or ground.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


戦禍の記憶 (Memories of War Damage)

*戦禍の記憶


 夥(おびただ)し 戦禍の記憶 消えゆくを

  如何にて記し 残し諭(さと)さむ


 We must record numerous memories of war damage
 and never forget the precept. 
    ↓(修正)(Revision)
 How can we record and admonish the next
 numerous fading memories of war damage?


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


朝顔 (Morning Glory)

*朝顔


 朝顔の 今をぞとばかり 咲き競ひ

  薄日に縋(すが)りて 来世に繫ぐ


 Morning glories bloom competing each other
 for next life in soft sunlight.
    ↓(修正)(Revision)
 Morning glories compete each other
 for next life in soft sunlight.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


無情階段 (Bitter Steps)

*無情階段


 上りても 下りても果ては 行き止まり

  抗ふ術なき 無情階段


 I can find only dead end on up and down
 of bitter steps.
    ↓(修正)(Revision)
 I can't oppose bitter steps
 having dead end up or down.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


天罰 (Punishment by Heaven)

*天罰


 文明に 驕(おご)りし者の 定めなる

  天の裁きぞ 今や来たらむ


 People conceiting about civilization of oneself
 is punished by Heaven now.
    ↓(修正)(Revision)
 People conceited over civilization must be
 punished by Heaven now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


東雲 -しののめー (Sunrise)

*東雲


 久方の 日の射したるは 東雲(しののめ)の

  あかく染まりて 目にも沁み入る


 Sunrise for the first time in a long while
 colors sky red and makes a deep impression on me.
    ↓(修正)(Revision)
 East cloud against sun gives me
 red-deep impression finally.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


冷夏 (Cool Summer)

*冷夏


 温暖化 したる大気を 冷まさむと

  冷夏となりて 雨の降り積む


 Rain continues and tries to cool warming air
 and we can’t find hot summer.
    ↓(修正)(Revision)
 Rain result cool summer keeping vast quantity
 like a controller of climate change.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


壊れた時計 (Broken Watch)

*壊れた時計


 置き去りし 壊れし時計 幾度(いくたび)も

  目を遣(や)りたりて 古傷なぞる 


 Whenever I look at the staying broken watch
 it reminds me of old wound.
    ↓(修正)(Revision)
 Lost-broken watch reminds me
 of old wound many times.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


地表の一点 (A Subaerial Point)

*地表の一点


 我踏みし 地表の一点 天と地と

  生きとし生ける ものぞ息づく


 I feel breathing of all living things
 on a subaerial point where I tread.
    ↓(修正)(Revision)
 I feel breathing of all living things on
 a crisscrossing point of earth and heaven.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


No More・・・

*No More War


 No more Hiroshima.

 No more Nagasaki.

 No more War!


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


雨上がる (Rain Has Gone)

*雨上がる


 そこここに 爪痕残し 雨上がる

  溜まり水にぞ 夏を迎へて


 Rainy season has gone leaving scratches
 in many places and puddle accepts new summer.
    ↓(修正)Revision)
 Rainy season has gone leaving marks here and there
 over which puddle accepts new summer.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


灯り一つ (Only a Light)

*灯り一つ


 行く先の 途絶へし闇に 落ちぬれど

  小さき灯りの 一つに救はる


 Only a small light helps me
 even if I'm fallen into blind darkness.
    ↓(修正)(Revision)
 A exiguous light helps me
 when I fall into absolutely blind darkness.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


コントラスト (Contrast)

*コントラスト


 目に眩し コントラストの 青と白

  塩素の匂ひ 思ひ起せり


 Glaring blue and white contrast
 and remind me about chloric odor.
    ↓(修正)(Revision)
 Glaring contrast of blue and white
 reminds me of chloric odor.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


日照 (Sunrise)

*Horizon


 日は出でし 地平を洗ひ 浄めたり

  森羅万象 悉く満つ


 The sun rises, cleans horizon
 and fulls into all of universe.
    ↓(修正)(Revision)
 Rising sun cleans horizen,
 filling all universe with purification.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夏の恋 (Past Summer’s Love)

*夏の恋


 波寄せて 砂運び来て サンダルに

  留まり居りし あの夏の恋


 Waves bring sand and stay
 the past summer's love at my sandals.
    ↓(修正)(Revision)
 Waves remember me past summer's love,
 bringing sands and drenching my sandals.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夜風 (Night Wind)

*夜風


 朝顔の 隙間を抜けて ふうわりと

  我に寄せ来る 夜風やさしき


 Pillowy night wind blows to me
 through the morning glory leaves.
    ↓(修正)(Revision)
 Pillowy night wind blows on me affably
 through the morning glory.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。