短歌

天地草生 (Greeth on horizon)

*天地草生


 天と地と 交わる点に 生くるもの

  芽生へ天へと 地へと伸びゆく


 Greeth growing on horizon
 extend to the sky and the earth.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

幸せの色 (Happy Color)

*幸せの色


 人の色は 移りにけりな いたづらに

  我が身ここより 惑ふことなし


 Even if people will be changing
 I never lose myself from now on.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


教訓 (Message)

*はたらく


 働くは 傍(はた)が楽(らく)すと 訳するを

  教へ給ひし 人の在りけり

 Someone gave me a message
 what ‘Work’ means ‘Other one takes one’s ease’.
    ↓(修正)(Revision)
 Someone teach me that 'Work' mean 'Ease others'.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


往時 (Fore-Time)

*大地と共に


 夏団扇(うちわ) 井戸水汲みて 冬火鉢

  大地と共に 息したる頃


 When we was breathing with the earth,
 we used well, 'Utiwa' and 'Hibati'.
    ↓(修正)(Revision)
 We used well, Uchiwa at summer and Hibachi
 at winter, breathing with the earth.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


茜空 (Turkey Red Sky)

*茜空


 茜燃ゆ 雲の真下を 駆け抜ける

  電車の呼吸 地を伝ひ来る


 Under Turkey red clouds,
 breath of train transmit to me through the earth.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


廃ビル (Old Building)

*廃ビル


 老体を 晒にしビルの そこここに

  曰く言はれの 有りや無しやと


 Some reasons may exist here and there
 of abandoned and exposed old building.
    ↓(修正)(Revision)
 Buildings may exist for some reason,
 exposing their old body here and there.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


雨止まず (Endless Rain) 

*雨止まず


 止めどなく 何を憂ひて 泣く空ぞ

  人の愚行の 所以なるかな


 Endless rain is crying about people’s foolery.
    ↓(修正)(Revision)
 Endless teardrops fall down
 as if they worry about people's foolery.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


梅雨緑 (Greenth of Rainy Season)

*梅雨緑


 天地(あめつち)に 育まれたり 梅雨緑

  色も際立ち 今をこそ生きむ


 Greenth of rainy season fostered by divinity
 lives brightly on now.
    ↓(修正)(Revision)
 Rainy season's greenth show
 the highest brightness now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


怒濤 (Surging Waves)

*怒濤


 過ぎたれば 凶器と為りし 雨水の

  怒濤の威力 万物を呑む


 Surging waves of rain like a deadly weapon
 engulf everything.
    ↓(修正)(Revision)
 Deadly weapon of surging rainwash
 engulf everything unfortunately.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


まどろみ (Doze)

*まどろみ


 まどろみの 揺れつ揺られつ 風鈴の

  ちりんと一つ 鳴く声を聞く


 I hear a sonance of wind-bell while swinging in doze.
    ↓(修正)(Revision)
 I hear a sonance of swinging wind-bell in doze.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


残骸 (Remain)

*残骸


 錆びたれど 何れの御時にか 乗り物と

  持て囃されし 骨横たへり


 Remain of vehicle which was once lionized
 lies in rust.
    ↓(修正)(revision)
 Remain of lionized vehicle lies in rust.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


無限 (Infinity)

*無限


 意のままに ならぬ現に 在りてさへ

  我が魂は 無限を飛び交ふ


 My body is on inconvenient actuality
 but my soul can fly about infinity.
    ↓(修正)(Revision)
 My soul can be in infinity,
 however my body is in inconvenient actuality.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


酷暑 (Heat Wave)

*酷暑


 雨雲の 去りにし跡に 襲ひ来る 

  酷暑の日々よ 若さ羨む


 I want to have power of young people
 for overpassing the heat wave which
 will come after rainy season.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


雨粒 (Drops of Rain)

*雨粒


 雨粒の 南天の葉に 留まりて

  煌めき揺れむ 無数の光


 Countless drops of rain stay on nandin's leaves,
 are shining and swinging.
    ↓(修正)(Revision)
 Nandin leaves with rain drops reflect
 shining and swinging lights to me.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


過ぎ去りし日々 (Past Days)

*過ぎ去りし日々


 過ぎ去りし 波乱万丈の 物語

  今や他所事(よそごと) とぞ見ゆる感


 I currently feel like other someone’s experience
 about my past stormy life.
    ↓(修正)(Revision)
 I feel past stormy life as other's now.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


樹 (Tree)

*樹


 樹の肌も くねりたる根も 逞しき

  命のオーラ 放射し在りき


 Tree's skin and snaking root
 emit burly aura from his souls.
    ↓(修正)(Revison)
 Bark and snaky root emit burly aura from his souls.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


還元 (Revive)

*還元


 魂も ペットボトルも ビン缶も

  水も空気も 輪廻転生


 Reviving happen about every soul, pet bottles,
 glass bottles, cans, water, air.
    ↓(修正)(Revision)
 Every soul, pet or glass bottle, can,
 water, air et cetera rivive.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


凪の刻 (Calm)

*凪の刻


 凪の刻 ふと足止めて 眺めたる

  穏やかなりし この日常


 Automatically I stop walking
 and look at calm days on now.
    ↓(修正)(Revision)
 I happened to stop walking at calm time
 and find this daily calm life of mine.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


柵(しがらみ) (Weir)

柵


 柵(しがらみ)と いふもの在りて わくらばに

  流るも難し 水糸ならむ


 The weir catches discolored leaves and
 changes flowing water into narrow line.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


溜息を積む (Cumulated Sighs)

*賽の河原


 俯きて 二つ三つ四つ 溜息の

  賽の河原に 石積む如く


 With downcast eyes I cumulate two, three,
 four sighs like stones of ‘ Sainokawara’ .


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


花笑ふ (Laughing Flowers)

*花笑う


 雨打たば 花は項垂れ 涙すも

  日の射したれば 逞しく笑む


 Flowers droop in tear at rainy days,
 but vigorously laugh at sunny days.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


神童 (Musical Prodigies)

*神童


 モーツァルト、ジョン、マイケルも 才放ち

  早世したるは 世の習ひかな


 Some musical prodigies, Mozart, John Lennon,
 Michael Jackson died young unfortunately.
 It may be custom of this world.
    ↓(修正)(Revision)
 It may be custom of this world that the musical
 prodigies, Mozart, John Lennon, Michael Jackson
 et cetera died young unfortunately.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


織姫 (Vega)

*織姫


 一向に 沙汰なき娘 いつ戻る

  織姫のようと 夫(つま)は笑へり


 Nothing is contact from my daughter in Tokyo,
 and my husband smiling names her 'Vega'.
    ↓(修正)(Revision)
 My husband calls her daughter 'Vega',
 not giving any correspondence from Tokio.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夜雨 (Night Rain)

*夜雨


 夜雨打つ メトロノームに 誘(いざな)はれ

  いつかの夢の 続きへと入る


 I'm brought into sequel to a sometime dream
 by metronome which night rain is beating.
    ↓(修正)(Revision)
 I'm brought into sometime's dream sequel
 by metronome beating with night rain.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


風来たり (Coming Wind)

*風来り


 風来たり 自在に舞ひて さざめきて

  早よ目覚めよと 我が腕を取る


 Wind comes, dances freely, ripples and
 awakes me with taking my arm.
    ↓(修正)(Revision)
 Dancing and rippling, wind come and take my arm
 to inspire my fast awakening.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


沈静 (Settle Down)

*沈静


 忌まわしき 五十年分の 憂鬱の

  雲散霧消の 後の沈静 


 My emotion settled down when adominable
 blue devils of 50 years melted away.
    ↓(修正)(Revision)
 My emotion finally settled down after abominable
 blue devils of 50 years melted away.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夜明けの気配 (Feel of Dawning)

*夜明けの気配


 長々し 闇夜に入りし 人類の

  真(まこと)に帰する 夜明けの気配


 I catch feel of dawning which human returns
 to true mind from long darkness.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


摩天楼 (Skyscraper)

*摩天楼


 聳(そび)へ立つ 満艦飾の 摩天楼

  末に遺跡と 名付けらるかも


 Lofty full-dress skyscraper may be
 called remains in the distant future.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


五里霧中 (In the Smog)

*五里霧中


 一切を 飲み込まれたり 五里霧中

  世の清濁も 盛衰さへも


 Smog engulfs everything,
 cleanness and darkness, ebb and flow.
    ↓(修正)(Revision)
 Smog engulfs everything,
 even clean and dark or ebb and flow.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


風花(ふうか) (Wind and Flowers)

*風花


 花見れば 花と語らひ 風吹けば

  風と戯る 我一人在り


 I’m a being talking with flowers
 and enjoying with wind.
    ↓(修正)(Revision)
 When looking at flowers or winds blowing
 I talk or toy with them alone.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア