短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラフィー・ファッション? (My Fashion)

*アラフィ-ファッション?


 正確な 歳はなるべく 忘れよう

  着たい服着て したい事しよう

 
 I want to get my fashion and live freely
 with forgetting my age.
    ↓(修正)(Revision)
 I prefer wear and do favorites
 leaning correct age to one side.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

麗花 (Beautiful Flowers)

*麗花


 芍薬も 薔薇も牡丹も 咲き競ふ

  この世の彩の 麗しきかな


 Syakuyaku, Rose, Botan are competingly blooming,
 colors of this world is all beautiful.
    ↓(修正)(Revision)
 Syakuyaku, Rose and Botan make this world
 so beautiful, disputing each other.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


春の海 (Spring Sea)

*春の海


 人気(ひとけ)無き 春の海入り 戯れむ

  水は冷たし 若さは熱し


 When we played in empty spring sea,
 water was cold and youth was hot.
    ↓(修正)(Revision)
 I toyed with lonely spring sea,
 feeling chill and hot youth.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


器 (Pot)

*器


 歪(いびつ)なる 器厭(いと)わぬ 流水の

  如くあれかし 人の生くるに


 I want to live like water flowing
 into whatever deformed pot.
    ↓(修正)(Revision)
 I want to live like a running water
 whatever deformed it may be.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


初夏色 (Early Summer Colors)

*初夏色


 初夏の色 艶(あで)やかなりし 花々の

  繚乱せし様 日と競ひたる 


 Early summer colors of many flowers are beautiful
 as competing with sunlight.
    ↓(修正)(Revision)
 Beautifull flowers coexist
 with early summer light frenzily.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~




 

集落 (Community)

*集落


 緑水の 只中小さき 集落の

  営々と生く 人の在りたり


 Living people exist in a small community
 enclosed by green and water.
    ↓(修正)(revision)
 People live lastingly in the heart of village
 enclosed by green water.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


カーテンコール (Curtain Call)

*カーテンコール


 色香満ち カーテンコール 叫べども

  散り時悟る 花潔(いさぎよ)し

 Filling color and scent of flowers take a curtain call
 but fall away with good grace.
    ↓(修正)(Revision)
 Flowers fall down gracefully whenever take
 a curtain call, filling color and scent.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


サボテンの花 (Cactus Flower)

*サボテンの花



 早も夏 さながら光 降る空を

  仰ぎて尖る サボテンの花


 Cactus flowers sharpen
 toward shining sky of early summer.
    ↓(修正)(Revision)
 Cactus flowers bite glaring sky of early summer.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


私の空 (My Sky)

*私の空


 際限の 無き真の空 何処(いずこ)なり

  何時(なんどき)なりと 我を運べり


 Endless true sky bring me
 to everywhere at everytime.
    ↓(修正)(Revision)
 Cosmic true sky brings me
 every space-time point.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


情理心 (Feeling)

*情理心


 本能か 義理か情けか 定かには

  あらねど人の 思ひは篤し


 Hot is people feeling of instinct, duty and mercy.
    ↓(修正)(Revision)
 No one knows instinct,
 duty or mercy but it may be a hot heart of human.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


自由の風 (Free Wind)

*自由の風


 陰(いん)去りて 陽(よう)来るらし 我が胸の

  思ひのままに 風の戯る

 Wind is freely playing in my heart
 that yin has gone and yang has come.
    ↓(修正)(Revision)
 Yin and yang frisk in heart like wind.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


塵(ちり)も積もれば・・・ (Broken Hearts)

*塵も積もれば


 悉(ことごと)く 破れし恋の 抜け殻も

  塵(ちり)と積もりて 幸と成りぬる


 If exuviae of many broken hearts are piled up
 it may change to happiness someday.
    ↓(修正)(Revision)
 Broken hearted exuviae will be piled up
 into happiness someday.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


体温 (Warmness)

*体温


 一時代 越へにし小さき 母抱き

  その温もりを 懐かしく得る


 I hold my small mother and get old warmness
 existing beyond one epoch.
    ↓(修正)(Revision)
 I feel warm hugging small mother fulfilled her life.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


菖蒲(あやめ) (Violet Iris)

*菖蒲


 雑草の 隙間に主役然として

  紫匂ふ 菖蒲(あやめ)現る


 Violet irises appear with the leading role face
 between many weeds.
    ↓(修正)(Revision)
 Purple Ayame appear over weeds
 as if they're male leads.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


春流る (Spring Has Gone)

*春流る


 風の間に 雨の間に間に 日に夕に

  いつしか春は 流され去りぬ


 Fleeting spring has gone away,
 in the wind, in the rain, in nights and days.
    ↓(修正)(Revision)
 Spring's washed away fleetingly
 by the wind, rain, day and night.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


真情 (Real Emotion)

*真情


 諸々の 堆積物の 底の底

  一筋流る 真情見たり

 I could find only my real emotion
 in the bottom of motley sediment.
    ↓(修正)(Revision)
 A real emotion of mine seems to lie
 in the veriest bottom of motley sediment.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


栄枯 (Ups and Downs)

*栄枯


 栄へたる 次の命を 見守りて

  老兵はただ 微笑み湛(たた)ゆ

 
 Old sweat only smiles upon flourishing newcomer.
    ↓(修正)(Revision)
 Old sweat beholds emerging age with all smiles.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


母の背中 (Mother’s Back)

*母の背中


 背中にも 目があるんだから 見えてると

  仕事しながら 母は言ってた


 When I was a little girl, my mother working said
‘ I have eyes also on my back and can look at you.’.
    ↓(修正)(Revision)
 Mother's always said that I'v another eyes
 on my back so be careful.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


靄(もや) (Mist)

*靄


 山の端の 靄(もや)の白々 垂れ込めて

  電車の照らすは 人の行く末


 Train brightens up human future in the white mist
 drooping from top of mountain.


この作品はこちらの記事からイメージをいただきました。
    ↓
 さえぞうのブログ 「雨に煙る内陸線」


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


母の日 (Mother’s Day)

*母の日


 息子より 贈られしピンクの カーネーション

  母の日だったと 思わず涙


 I recalled Mother’s Day by pink carnation
 that my son gave me and fell tears in the moment.
    ↓(修正)(Rvision)
 Pink carnation from my son recalls me
 Mother's day with sudden tears.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


不条理 (Outrageous)

*不条理


 人の世の 必定とは言へ 清濁の

  均衡破れし 後は不条理


 I think that cleanness and darkness is inevitable,
 but the disbalance is called outrageous.
    ↓(修正)(Revision)
 Disbalance between clean and dirty brings
 outrageous world fatefully.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


天は晴れ (Clear Sky)

*天は晴れ 2


 我が胸の 霞は去りて 天は晴れ

  真の道へと 踵(きびす)を返す


 Mist has gone away from my heart 
 and I revert to my true way under the clear sky.
    ↓(修正)(Revision)
 I revert to my true way
 cause mist's cleared off my heart.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


薄ら日 (Pale Sunlight)

*薄ら日


 中空の 雲に埋もれし 薄ら日の

  暮るるに早く 照るには遅し 


 Pale sunlight is early to falling,
 and lags behind to shining,
 at cloudy midair.
    ↓(修正)(Revision)
 Sunlight pale in cloudy midair looks
 early to fall but also late to shine.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


厚情 (Goodness)

*厚情


 ひび割れし 今にも崩れむ 我が心

  癒し給ふは 君の厚情


 My husband’s goodness helps
 my heart that is halfway to break.
    ↓(修正)(Revision)
 My husband helps me in a tumble-down heart.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


花(鼻)の頃 (Days of Flower)

*花の頃


 緑萌へ 色とりどりに 花開き

  心弾むも 鼻水絶へず


 I'm happy by bright greenth and flowers
 but can’t stop symptoms of hay fever.
    ↓(修正)(Revision)
 Bright greenth and bloom cheerfully
 give me symptoms of hay fever.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秘めたる思い (Thue Sentiment)

*秘めたる思い


 時尚早 なれば言(こと)には せぬままの

  思ひの丈今 審(つまび)らかにす


 Now I exhibit my true sentiment
 of past that never said.
    ↓(修正)(Revision)
 Now I exhibit my true sentiment that
 I couldn't make it words by reason of time.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


友来たる (Dear Friend)

*友来たる


 暮れ暮れも 無力なりしを 嘆く身に 

  友の来たりて 温もり灯す


 My dear friend comes and gives warmness to me
 who amcrying my weakness in the dark.
    ↓(修正)(Revision)
 My dear friend cheers up me who is bemoaning
  disability about my mother.
 

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


連鎖 (Chain)

*連鎖


 断ち切りて 捨てるも難く 絡み付く

  負の感情の 重き連鎖よ

 I can’t cut off the heavy dark chain
 of emotion enclasping me.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


清風 (Clean Wind)

*清風


 一鉢の 花植へたりし 朝まだき

  清(すが)しき風の 我を洗ひぬ


 In the early morning when I plant a flower,
 clean wind washes my soul.
   ↓(修正)(Revision)
 Flower I planted early mornin'
 cleanse my soul with fresh air.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


心淵 (Abyss)

*心淵 A


 心淵の 深さ知り得し その刹那

  醜きマグマ 噴き出で止まず


 From a moment that I have learned
 the abyss of my mind,corroded magma
 can’t stop spouting from there.
   ↓(修正)(Revision)
 Corroded magma from my abyss don't stop spouting
 from a moment I've found that deepness.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。