短歌

紅薔薇 (Red Rose)

*紅薔薇


 黄昏を 待ちにし空に 今をこそ

  限りと咲かむ 紅薔薇ひとり


 A red rose is blooming at the end of her beauty
  under the sky waiting dusk.
    ↓(修正)(Revision)
 A red rose's silhouetted against coming dusk
  as beautifully as possible.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

サイクル (Cycle)

*サイクル


 日の増して 目覚めし生の サイクルよ

  草々の間に 馴染みの花咲く


 Well-known flowers bloom from midst of grasses
  in awaking bright life cycle.
    ↓(修正)(Revison)
 In Spring wakening life cycle bloom
  well-known flowers in grasses.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


花形見 (Petal of Memorial)

*花形見


 散る花の せめて一片(ひとひら) 形見にと

  君の庭へと 舞い降りしかも


 A petal of memorial may fall down
  to my friends garden.
    ↓(修正)(Revision)
 I wish a memorial petal would fall down
  on my friend's garden.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


波立つ (Roffle)

*波立つ


 漫(そぞ)ろ雨 断ちて不穏の 風荒れて

  何とはなしに 心波立つ 


 Disquiet wind stops meandered rain
  and somehow ruffles my mind.
    ↓(修正)(Revision)
 Disquiet wind after a sudden shower
  ruffles my temper.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


れんげの頃 (Chinese Milk Vetch)

*れんげの頃


 時忘れ れんげ摘みたる あの頃の

  無我の境地に 今戻りたし


 Now I wish to back to the day that drooled
  about plucking Chinese milk vetch.
    ↓(修正)(Revision)
 I wish to be in delirium plucking Renge
  in the past time.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


皐月 (Azalea)

*皐月


 一斉に 開きし皐月 折からの

  雨にも凛と 艶(あで)やかに在り


 Azalea brightly bloom all together in the rain.
   ↓(修正)(Revision)
 Azalea bloomed with one accord stand
  brightly in a sudden shower.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


拒絶 (Disclaim)

*拒絶


 自らの 産み落としたる この娘

  母は嫌悪し 遂に拒絶す


 My mother hates and disclaims me
  who is borne by her.
    ↓(修正)(Revision)
 She's finally hated and jilted
  her daughter borne herself.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


覚醒 (Awake)

*覚醒


 去年より 捨て置きたりし 鉢植への

  緑芽吹きて 我を醒せり


 Pot plant which was neglected
  from a year ago buds and awakes me.
    ↓(修正)(Revision)
 I happend to catch the plant
  neglected on flowerpot budding.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


指針 (Compass)

*指針


 真直ぐな 道は無かりき 日々歩む

  旅の指針は ただ光のみ


 I can’t find a straight road,
  but can go depending on the compass of a light.
    ↓(修正)(Revision)
 Light show me a cynosure for my road
  not necessarily straight.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


春朧(おぼろ) (Ambiguous Spring)

*春朧(はるおぼろ)


 浮き沈み 翳(かげ)りては晴れ 気の揺れて

  春は朧に 人も朧に


 In spring aura is ambiguous swinging,
  cloudy or brightly, floating or sinking.
    ↓(修正)(Revision)
 People swing ambiguously in cloudy or bright
  spring aura, floating or sinking together.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


時代(とき)を越えて (Over the Epoch)

*時代(とき)を越えて


 共白髪 言(こと)には聞けど 今まさに

  ひとつの時代(とき)を 共に越へたり


 We could get over the epoch real now
  like as it were ‘It's happy that married couple
   become white-hair together’.
     ↓(修正)(Revision)
 We've just passed a hoary age together
  bethinking of all accounts.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


春膨らむ (Spring Expands)

*春膨らむ


 風を呼び 舞散り敷ける 花送り

  緑醒まさせ 春は膨らむ


 Sring calls wind, scatters flowers,
  awakes greenth and expands.
    ↓(修正)(Revision)
 Spring expands, calling winds,
  scattering flowers, awaking greenth.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


廃屋 (Ruinous house)

*廃屋


 廃屋の 捨て置かれしは 病む人の

  かつては終の 棲家とぞ聞く


 I hear that ruin was last place
  for loiy patients formerly.
    ↓(修正)(Revision)
 I hear that this ruinous house was
  formerly a last place for patients left.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


煌く緑 (Shining Green)

*煌く緑


 目に眩し 青葉の片(ひら)に 照り返す

  日は真直ぐに 翳りを掃ひて


 Straight sunlight dispel shadow
  and shine on green leaves.
    ↓(修正)(Revision)
 Sunlight dispel eclipse directly reflecting
  on green leaves.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


経験値 (Experience)

*経験値


 苦労といふ 経験値高き 程人の

  生くる力と 成りしこの道


 On our life, we can get so much energy
  as experience of hardship.
    ↓(修正)(Revision)
 People can get energy for life,
  insomuch they've experienced hardship.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


沈静 (Chillness)

*沈静


 春の日の ひた降る雨の 冷たきに

  花と萌えにし 興も醒めたり


 Long spring rain cools exaltation
  burning with flower.
    ↓(修正)(Revision)
 Single-minded spring rain chills
  my throb awakened by flower.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


水温む (Warmer Water)

*水温む


 日の力 増してや緑 育(はぐく)めり

  傍らを行く 水も温(ぬる)みて


 Warmer sunlight grow greenth
  and heat water flowing aside.
    ↓(修正)(Revision)
 Sunlight cradles greenth
  beside which warm water flows.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


光あり (A Ray)

*光あり


 瀬戸際の 命の限り 求めたる

  者にぞ光 下り賜ひぬ


 A ray is given to someone
  who wants with pawning one's life.
    ↓(修正)(Revision)
 Ray of hope must be given
  who seeks it to bitter end of life.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


空と花 (Sky and Flowers)

*空と花


 空と花 真一文字に 断ち分けて

  我をこそとて 誇りし電車


 The train pridefully runs
  while rightly cutting sky and flowers.
    ↓(修正)(Revision)
 The train boasts himself severing
  blue sky and cole flowers clearly.


この作品は、
こちらの記事からイメージをいただきました。
  ↓
さえぞうのブログ 
 「鉄道のある風景 No.203~春編23 (日立電鉄)」



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


短夜(みじかよ) (Short Night)

*短夜


 咲きて妖 散りて艶なり 短夜(みじかよ)の

  月は滲みて 花送りたり


 In the short night, blurred moon looks after
  bewitchingly cherry which bloom and fall.
    ↓(修正)(Revision)
 Blurred moon looks after cherry blooms glamorously
  and falls amorously in twinkling night.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


花散りて (Falling Flowers)

*花散りて


 花散るは さだめとぞ見ゆ 桜木の

  早も若芽の 緑眩しき


 It is destiny that cherry flowers fall away,
  but bright green leaves are budding already.
    ↓(修正)(Revision)
 After cherry blossom has fallen fatally
  bright green leaves bud subsequently.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


発信 (Beam)

*発信


 離れ居る 人に送らむ この念の

  刻々移り ゆくそのままに


 I want to beam my momently changing mood
  to distant friend.
   ↓(修正)(Revision)
 I'll beam to my distant friend
  this momentaly changing mood of mine.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


失せ物 (Quest)

*失せ物


 失せ物を 探したる内 忌まわしき

  過去を掴みて 笑み凍りつく


 While searching a necessary,
  I found the abominable memory
   and my smile has frozen.
    ↓(修正)(Revision)
 Searching for a loss
  I find abominable memory and freeze.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


花霞 (Flower Brume)

*花霞


 花霞 立ち込めし駅 降り立つは

  春の精とぞ 見紛ふ乙女


 A girl alighted to the station filling with flower brume.
  I felt that she must be a spring fairy.
    ↓(修正)(Revision)
 A girl must be a spring fairy,
 getting out the station filled with flower brume.


この作品は、
↓こちらの記事からイメージをいただきました。

さえぞうのブログ 「鉄道のある風景 No.198 ~春編⑱」



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


老線路 (Old trackway)

*老線路


 頑迷な までに生業 果たしたる

  老職人の 如き線路よ


 The trackway looks like a old craftsman
  who fulfilled his skill obstinately.


この作品は、
↓こちらの記事からイメージをいただきました。

シルルの写真帳 「錆びた線路」


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


我、在り (Existence)

*我、在り


 来し方を 顧みすれば 確固たる

  我が道程の 恥ずべくもなし


 In retrospect I feel no disgrace
  on my steady way.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


桃源郷 (Lotus Land)

*桃源郷


 雄々しくも 噴煙吐ける 往年の

  機関車迎ふ 桃源郷


 Lotus land welcomes the passe steam train
  smoking gallantly.
    ↓(修正)(Revision)
 Passe steam locomotive smokes gallantly
  through lotus land.


この作品は、
こちらの記事からイメージをいただきました。
    ↓
さえぞうのブログ 
「鉄道のある風景 No.195 ~春編⑮ (肥薩線)」



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


筍 (Bamboo Shoots)

*筍


 筍の 如く皮剝ぎ 灰汁(あく)抜けば

  人の心も 美味なるものを


 Our minds may become good taste when we are
 peeled and cleaned lye like bamboo shots.
   ↓(修正)(Revision)
People may belch beauty if they can peel
  and bate themselves like bamboo shoots.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


充足 (Fullness)

*充足


 素のままに 笑いさざめき 過不足の

  無き糧と眠 更に君在り

 I naturally smile and have enough rice, sleep
  and my husband also.
    ↓(修正)(Revision)
 Round food and sleep give natural smile to me,
 in addition you are beside me.


この作品は、
こちらの記事からイメージをいただきました。
    ↓
シルルの写真帳 「三丁目の夕日」


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア