短歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩 (Dove)

*鳩

 
 朝の駅 混み合ふホームに 餌(え)を探す

  馴染みの鳩も 出勤時間


 familiar doves punch in a time clock
  at congested platform for eating breakfast.
    ↓(修正)(Revision)
 Familiar doves begin to look for breakfast
  at morning crowded platform.



こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

幸せの真ん中 (Center of Happiness)

*幸せの真ん中


 幸せの 真ん中に在り 今をこそ

  真(まこと)の暮らしと 謳歌したらむ


 Now I sing the praises of true living
  at the center of happiness.
    ↓(修正)(Revision)
 Now I enjoy this true life at happiest codition.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


寒風 (Cold Wind)

*寒風


 何処へか 春一番の 声の去り

  寒風叩きて 枯野は薙(な)ぎたり

 
 Information of spring went away to anywhere
  and dead field is lashed by cold wind again.
    ↓(修正)(Revision)
 Cold wind lashes the blasted field again
  whereas first storm in spring has blown.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


赤い幟(のぼり) (Red Banner)

*赤い幟

 
 はためくは 何処の鎮守の 神様か

  赤き幟(のぼり)の モノクロに映ゆ


 Red banner of the genius loci
  is flapping in monochrome landscape.
    ↓(修正)(Revision)
 Red banner of genius flappes brightly in blackscape.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


味わい (Flavor)

*味わい


 半世紀 生きてし来たり 其々の

  面(おもて)に深き 味わひ刻む


 Deep flavor is engraved on each faces
  which lived in a half-century.
    ↓(修正)(Revision)
 Half-century life engraves deep flavor
  on each face.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


昼下がり (Midafternoon)

*昼下がり

 
駅のカフェ お疲れ気味の サラリーマン

  うたた寝したる 昼下がりかな

 
Tierd salaryman is catnapping
  in station cafeteria at midafternoon.
    ↓(修正)(Revision)
One afternoon a salaryman naps blearily
  in cafeteria of depot.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


落葉樹 (Deciduous Tree)

*落葉樹


 薄暗く 垂れにし空に 落葉樹

  その骨格を 黒々と刺す


 Skeleton of deciduous tree stabs
  darkish sky drooping down.
    ↓(修正)(Revision)
 Deciduous tree stabs darkish droopy sky
  with it's black skeleton.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


絆 (Nexus)

*絆 3

  
  離れしも 同じ夜空の 色眺め

    メール交わすは 友との絆


 I bandy mails with my distant friend
 looking at the color of same night sky,
 it's our nexus.
   ↓(修正)(Revision)
 Looking up same dark
 we exchange remote mails and feel a knot.



こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


花色 (Flower’s Color)

*花色


  窓辺には 花一輪の 佇まひ

    家人の思ひ 色に抱きて

A flower is sitting down by the side of window
with same feeling which the dweller is holding.
  ↓(修正)(Revision)
In the window a flower stands
 holding dweller's heart on red leaf.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


人の世 (This World)

*人世

  忸怩(じくじ)たる 思ひも起こり また篤き
  
    情に救はる 人の世とかは
 
 We may get both falling in disgrace and salvation
   of someone's kindness in this world.
     ↓(修正)(Revision)
 This world may give us unkind disgrace
   but kind salvation simultaneously.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


真澄 (Clear Sky)

*真澄

  真澄なる 空出でしかな 3D

    描ける雲の 群れ従えて


 Clear sky broaden out bringing clouds painted 3-D.
    ↓(修正)(Revision)
 Clear sky broadens
  with clouds painted in 3 dimensions.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



眩光 (Glaring Light)

*眩光

  眩しきは 人の心の 真なるを

    この手に触れし 刹那の光

  A glaring light arose at just that moment
  when my hand touched truth of my friend's mind.
    ↓(修正)(Revision)
  A glaring wink-light arises
    when I touch my friend's cordiality.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


満潮(みちしお) (Flood Tide)

*満潮

現(うつつ)にも 夢にも寄する 満潮(みちしお)の

  幸の極みに 恍惚と浮く

I’m floating in a trance on flood tide of happiness
  coming when dream and real.
    ↓(修正)(Revision)
I’m floating trancedly into dream or real
  at the happiest flood.

こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


平常心 (Nomal Feeling)

*平常心

  世に溢る 邪心狂気に 塗(まみ)れしも

    心の均衡 保ちて在らむ 

  Even if this world is flooded with evil and madness,
    I wish to be keeping normal feeling.
      ↓(修正)(Revision)
   I wish to keep normal,
    even if this world's flooded with evil and madness.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


二月の空 (February Sky)

*二月の空

  如月の 曇りがちなる 空の下

    春の兆しの 仄(ほの)か色成す

  Under clouded February sky,
     I found indication of spring in a faint color.
        ↓(修正)(Revision)
  I find the indication of faintly colored spring
     under clouded sky of February.

こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夜々の月 (Changing Moon)

*夜々の月

  夜々の月 世々に移りて 余人には

    寄る辺は無かり 縁(よすが)なる君

      (頭韻を踏んでみました~)

  Other man is like a moon changing at every night,
    but I can depend on my husband.
      ↓(修正)(Revision)
  My husband is most dependable in comparison
    with others changing every night like a moon.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


若気の至り (Folly of Youth)

*若気の至り


  赤面す 若気の至り 多々あるを
    
    消しに行きたし タイムマシンで
  
  I want to go to the past with time machine
    and reset the folly of youth.
      ↓(修正)(Revision)
  With time machine I want to go back to past
    and reset blush follies of youth.



こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


自由の天地 (Freedom in Universe)

*自由の天地

暗闇を 分け出でし今 無限なる

  天地の間(はざま)に 解き放たれむ

Now I exit from darkness
and get freedom in endless universe.
  ↓(修正)(Revision)
Now I'm released from darkness into huge universe.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


冬木立 (Winter Grove)

*冬木立

何事か 物言いたげに 枝伸ばし

  我引き止めむ 冬木立かな

Winter grove which wants to blabber stops me walking.
  ↓(修正)(Revision)
Winter grove branching to say something stops my step.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


足るを知る (Contentment)

*足るを知る

この身をば 日々の暮らしを 望月の

  如く抱(いだ)きて 足るを知るらむ

I'm contented with myself and my sustenance
which are felt like the full moon.
  ↓(修正)(Revision)
I'll content myself with daily sustenance
feeling like a full moon.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


オレンジ (Orange)

*オレンジ

朝まだき 雲の重きに ただひとつ

  ネオンサインの オレンジ灯る

Bright is only one orange neon
under the cloudy sky at early morning.
  ↓(修正)(Revision)
In early morning an orange neon brightens under cloudy sky.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


うららかに (Serene)

*うららかに

うららかに なべて我が身は 事も無し

  過去へと流る 川の啼くのみ

I’m largely serene and hearing only sound
of the river flowing to pastness.
  ↓(修正)(Revision)
I hear the river ascends to past sounding
in a very serene mentality.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


都会の夜 (Townish Night)

*都会の夜

若き日々 都会の夜に 魅せられて

  辿り着いたは ツバキハウス(古っ!)

At young age townish night enchanted me
and I arrived discotheque “TUBAKI HOUSE”.
  ↓(修正)(Revision)
At young age I was enchanted by townish night
and arrived at discotheque “TSUBAKI HOUSE”.



<オマケ・川柳>
  将来は ディスコも付けてね ケア・ハウス


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


追い風 (Tailwind)

*追い風

後ろへと 下がるこの背を 押し返す

  無邪気な友の 一言強し

A dewy-eyed talk which my friend gave me
becomes intense tailwind and presses my back.
  ↓(修正)(Revision)
Dewy-eyed words my friend gave me
become intense tailwind and press my back.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~




出帆(Sailing)

*出帆

灯り以て 照らすは未来 帆を挙げて

  重き錨を いざ引き上げむ

Lamp brighten my prospects.
I put up the sails and try to pull up the heavy anchor.
  ↓(修正)(Revision)
I get a lamp to brighten my prospects to
which I prepare the sails and heavy anchor.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


果報 (Fortune)

*果報

これ程と 思わで来たり 今更に

  君在りし身の 果報なるかな

It is nothing new to say,
I positively have knowledge of fortune that my husband exists.
  ↓(修正)(Revision)
I did'nt know that my husband has been giving me
such a good fortune .


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


ヴィーナス (Venus)

*ヴィーナス

宵寒(よひさむ)の 帳(とばり)の降りし 天空の

  芯を射抜くは ヴィーナスの星

Evening cold curtain fell and Venus made
the gold puncture at the center of sky.
  ↓(修正)(Revision)
Evening cold curtain fell down
and venus punctured fiery center of it.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


セピアな旅 (Sepia Trip)

*セピアな旅

ガタゴトと 電車に揺られ セピアなる

  旅へこのまま 入るも良きかな

I wish to go for a sepia trip
while being jolted in a train as it is.
  ↓(修正)(Revision)
I'd rather irrupt into a sepialike trip jolting in a train.


こちらへ過去の記事を、載せていきます。→FC2小説

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。