短歌

秒針 (Second Hand)

*秒針

秒針に 耳を奪はれ 夜半の闇

揺れつ揺られつ 彩成す夢絵

While sound of the second hand eases my ears,
I'm swaying and I enter to colored dream.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


スポンサーサイト

煉瓦 (Bricks)

*煉瓦

道といふ 道に煉瓦を 敷きたれば

人の心も 温まるやも

If we spread bricks over all roads,
our minds may become warm.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


TUNAMI

*TUNAMI

波々と 寄せ来る思ひ この胸の

テトラポットを 越えて浚(さら)わる

Waves of my lover’s emotion come one after another,
traverse tetrapods and make off with me.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


指 (Finger)

*指

遠き日の 傷口そっと 塞ぎゆく

君の温もり 君の指先

My lover's warm fingers cover tenderly
my rips of the far past.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


自縛 (Self-Suggestion)

*自縛

「自己暗示」 といふ指摘 古びたる

封印解(ぼど)く 主治医の呪文

When my attending physician said
the word of “Self-suggestion”,
I was absolved from the old spell.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


暗夜光路 (Light In The Dark)

*暗夜光路

闇ありて いや増す光 際立てり

人の心も 行くべき道も

Light becomes large in the dark,
in my heart and on the going way.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


紅思ひ (Red Imagination)

*紅思い

花去るも 葉は頬染めて 何思ふ

巡る巡りて 恋ふる季節や  

Flowers have gone away.
Red leaves are like imagining next season of love.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


車窓 (Train Window)

*車窓

人越しに 車窓を流る 秋多色

吊革握るも 何年ぶりかは

I look at various autumn colors
through the window of crowded train.
And I remember
that I didn't straphang while many years.
  ↓(修正)(Revision)
Looking at various autumnal colors
through crowded-train's window,
I remember that I couldn't straphang for many years.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


苔衣(こけごろも) (Mossy History)

*苔衣

深々と 歴史を孕(はら)む 苔衣

往時の姿 ただ偲ぶのみ

Varied affairs of the history are
wholly covered with moss.
I only image that old days.
  ↓(修正)(Revision)
Varied histrorical affairs are wholly covered with moss, so I can just imagine that long period.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


輝 (Shining)

*輝

輝ける ものを此の手に 掴まむと

天を頼みに 今に到れり

I wanted the shining thing into this hands,
invoked to my god and now attained.
  ↓(修正)(Revision)
I wished to invoke god a beam in my hands
and partway attained now.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


Parallel World

*Parallel World

「信」一字 諸手を挙げて 受け入れむ

君といふ名の パラレルワールド

I believe my lover
and absolutely accept his parallel world.
  ↓(修正)(Revision)
I absolutely accept his parallel value with me.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


杞憂 (Alarmism)

*杞憂

未知の事 思ひ煩ひ 憂ふとも

人智及ばぬ 杞憂といふもの

Sometimes we worry and bemoan
about unknown things.
It is the alarmism
of the human intelligence can't go to.
  ↓(修正)(Revision)
Sometimes we worry and bemoan unknown
that's just a alarmism.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


禁止 (DON’T・・・)

*DONT・・・

「べからず」と あれば試して みたくなり

始末に終えぬ 人というもの 

The words of "DON’T・・・" set someone to do.
The person is perverse.
  ↓(修正)(Revision)
If person find word 'DON'T',
he want to do perversely.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


落葉 (Falling Leaves)

*落葉

紅き葉の 日射しの中を 落ちてなお

我が足元に 照り返へしたり

In the daylight colored leaves
are falling and shining around my feet.
  ↓(修正)(Revision)
Autumnal colored leaves fall around my feet reflecting daylight.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


空蝉 (Exuviae)

*空蝉

振り向けば 我が空蝉の 日に透けて

今や消え行く 様とぞ見ゆる

Now I look back,
my translucent exuviae fade out into daylight.
  ↓(修正)(Revision)
Looking back my past translucent exuviae fade out into daylight.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


夢占(ゆめうら) (Read in Dream)

*夢占(ゆめうら)

明け白む 現(うつつ)の岸に 朧(おぼろ)げな

夢占(ゆめうら)などして 吉凶を見ゆ

The sun rose whitely.
I come back to real place
and read my future in ambiguous dream.
  ↓(修正)(Revision)
I get up with the whitely rising sun
and try to read my ambiguous future.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


昇華 (Sublime)

*昇華 3

母の過去 昇華させむと ひとつずつ

確かめながら 炎に投づ

I confirm one by one and put my mother’s past
in the blaze for being sublimed.
  ↓(修正)(Revision)
One by one I put mother's memory into blaze to sublime it.


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


開かずの間 (Forbidden Room)

*開かずの間

誰ならむ 君の心の 開かずの間

招き入れむは 生半(なまなか)ならず

A woman who my friend invites into his forbidden room of mind will be never ordinary.
  ↓(修正)(Revision)
One of my female friends has a forbidden room so I can't open it easily.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


真世界 (True World)

*真世界

新世界と 呼ばれし国の 現状を

真世界へと チェンジし得るや

I hope that the state called new world
can be changed into true world.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋雨 (Autumnal Rain)

*秋雨

すすり泣く 如くに秋を 降る雨に

耳を欹(そばだ)て 籠(こ)もりて過ごす

I’m hearing the autumnal rainy sound that sobbing 
and am passing a day in my house.
  ↓(修正)(Revision)
Hearing the autumnal sobbing rain my day has elapsed. 

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



開花 (Flowerage)

*開花

憂き心 刷新したりて 初々し

花にて咲くは 女冥利ぞ

I’m glad to my friend who discarded her dark emotion
and became new flowerage.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


Anniversary

*anniversary

会い初めし 君こそ伴侶と いふ啓示

賜ひし日より 二十八年

When I met my husband at first time,
I felt that he is my only consort.
From the day 28 years have gone away.
  ↓(修正)(Revision)
28 years ago I met you for the first time
and felt that you were the only consort of mine.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


人肌 (Temperature)

*人肌

人肌の 恋ひしき候よ 幼き日

懐かしく見ゆ 押し競饅頭 

It’s a season wanting someone’s temperature.
I remember Osikuramanju enjoyed at infant years.
  ↓(修正)(Revision)
Seeking human warmth I remember
Oshikuramanju memory at infant days.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋の浜 (Autumnal Beach)

*秋の浜

生在るは 冬支度せむと 務めてか

浜行くもの ひとつだに無し

All living things may do to winterize.
And there is nothing on the beach.
  ↓(修正)(Revision)
Nobody walking on beach as if they are ready for winter.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


Change

*Change

現世(うつしよ)の 後顧の憂ひ 拭(ぬぐ)はむと

出でし光に 真価をぞ問ふ 

That light appeared for casting away anxieties
about the future of this world.
And people will ask the true value to it.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


空の穴 (Hole of Sky)

*空の穴

果てもなく 深き青空 異次元へ

通づる穴の 何処にか在らむ

The hole that goes to other dimension may be
in somewhere of illimitable deep blue sky.
  ↓(修正)(Revision)
Hole through another dimension may be
somewhere in illimitable deep bluesky.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


玄関の花 (Flowers of Entrance)

*玄関の花

物置に 眠りし壺に 庭の花

挿したる君の 心眺むる

My husband put flowers of our garden
in the vase that was sleeping in storeroom.
I can look at his mind via it.
  ↓(修正)(Revision)
I enter my honey's mind who arranged flowers
into the vase slept at closet.



にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


秋の道 (Autumnal Way)

*秋の道

ゆるゆると 歩みし土手に 薄(すすき)の穂

苅田に代わり 秋の色成す

When I’m slowly walking on the bank of river,
pampas grasses are having autumnal color
in exchange for cut grain.
  ↓(修正)(Revision)
Pampas grasses get autumnal colors in stead of cut grain when I'm walking slowly on riverside.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


星の巣 (Nest of Stars)

*星の巣

日輪に 護られしこの 星の巣に

生かされしもの 争ふなかれ

We exist in the nest of stars ensured by the sun.
And we must no more war.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~


Minority

*Minority

形良き 多勢の中に 二つ三つ

咲き損なひし 花こそ愛でむ

Some flowers failing to bloom feel love
more than many well-formed flowers.
  ↓(修正)(Revision)
I love flowers fail to bloom more than well-formed.

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ ←ポチッと、応援お願いします~



プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア