短歌

沈黙

20060331021203.jpg


我無くば この苦しみも 無きものを
 
生くる痛みの 我を我とす


http://www.memorialkobo.com/blogbon/index.htm
スポンサーサイト

花吹雪

20060330054719.jpg


夢咲きて 夢を抱きて それぞれの
 
導(しるべ)目指して 散り往く野辺か


http://www.memorialkobo.com/blogbon/index.htm

風が生まれる

20060329054356.jpg


日の色は 暖かなるも 何処より
 
来たりしものか 風の冷たさ


http://www.memorialkobo.com/blogbon/index.htm

喧騒の中の孤独 2

20060328051345.jpg


多忙なる 日々歳月を 急(せ)かされぬ
 
追い詰められむ 命労(いたわ)し

http://www.memorialkobo.com/blogbon/index.htm

明日咲く花

20060327033755.jpg


我在りて この花の在り 香りあり
 
来し方もあり 行く末もあり
 

http://www.memorialkobo.com/blogbon/index.htm 

還らざるもの 2

20060326172743.jpg


捨て去りし ものは再び 還らざる
 
清き心も 清き流れも

http://www.memorialkobo.com/blogbon/index.htm

20060326172813.jpg

天神様の細道

20060326025131.jpg


天は晴れ 毒するものの 無かりしを
 
人皆祈り 生きてし在れば

心の炎

20060325040329.jpg


夢熱く 胸に燃ゆるは いつの日か
 
現(うつつ)とならむ 祈りの炎


春野

20060324061331.jpg


辛きこと 踏み締め来(きた)る この道も
 
今は春とて 朧(おぼろ)に遠し





散歩に行こう

20060323055249.jpg


たんぽぽの 花咲く候の 巡り来て

お久しぶりと 微笑交わす


存在の証明

20060322025635.jpg


我無くば 目にも映りし ものは無し
 
君に伝ふる 言の葉も無し


還らざるもの

20060321055849.jpg


捨て去りし ものは再び 還らざる
 
時の過ぐまま 野に晒されむ


明日の天気

20060320071038.jpg


春日降る 梅さざめきて 誘ふは
 
そぞろ浮き立つ 人の心よ

 



記憶の沈殿

20060319033010.jpg


この胸を 突き上げ来(きた)る 諸々の
 
良きも悪しきも 涙の元素




北からの便り

20060318012502.jpg


君在りし 北の国より 山並みを
 
超えてこの手に 風花溶けむ


心に吹く風 2

20060317095617.jpg


吹く風に 呼びかけむとて この窓を
 
放てば青き 春の香来(きた)る


未完の大地

20060316024810.jpg


導(しるべ)なく 戻るも難(かた)し 文明の
 
進化の果ての 未完の大地


街樹

20060315014847.jpg


久方に 通り縋(すが)りし 街並みの
 
思い出すらも 残さぬ変貌





朝の訪れ

20060314134601.jpg


無駄なもの 一切捨てる 潔さ 
 
魂ひとつで 生きる勇気を



私の宇宙

20060313083024.jpg


愛すれど そは果てもなし わが胸の
 
夜空に在りて 煌(きらめ)く人々


心に吹く風

20060312111447.jpg

 
軽々と 扉放てし 来(きた)る人
 
胸の奥へと 風誘(いざな)ひて





重荷

20060312084347.jpg


顔見れば 疲労の色の 浮かぶ君
 
男たるもの 口には出さねど

 

春風

20060311005832.jpg


枯草は 蠢(うごめ)き騒ぎ 呼びかける
 
不動の木立ちに 佇む我に


春来

20060310005436.jpg


まず一輪 梅ほころびて 春告ぐる
 
任を果たして 誇らしく在り


碧の星

20060309062421.jpg


夢に生き 現に眠る 悠久の

時の波間に 委ねしわが身


過去から吹く風

20060308044443.jpg
  

頬を撫で 行過ぎる風 背後から
  
わが名を呼びて 振り返らせむ
  

寂しい心

20060307032235.jpg


ひとつだけ 心の中の 空部屋に
 
忍び込むもの 寂しさと呼ぶ


 

淡きもの

20060306061511.jpg


淡き空 淡き光を 浴びて舞ふ
 
あはれ消え行く 淡雪の花
 

  (韻を踏んでみました)
 

トリコロールの風景

20060305001359.jpg


気難し 人もいずれは 雪解けの
 
小川となりて 笑みも零れむ


雛祭り

20060303084902.jpg


雛ケーキ まあ可愛いと 手に取りて
 
離れて暮す 娘を思う



プロフィール

光畑昌子(Masako Mitsuhata)

  • Author:光畑昌子(Masako Mitsuhata)


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd
フリーエリア